計算機環境での理論的解析学遂行のための基礎研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

計算機環境での理論的解析学遂行のための基礎研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
吉川 敦(九州大学・大学院・数理学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-1999
概要(最新報告):
平成11年度は,本研究の2年目である.研究内容は, 1)数学解析を計算機環境で行うための基礎的な考察 -計算可能性理論あるいは計算解析学の範疇に属すべきもの- 2)現行の数式ソフトによる不等式処理の試み -実施可能性と限界性の調査- に集約される. 第1点に関しては,複素補間関手の計算可能性を確認したのが主要なところである.この結果の一部は,平成11年6月山口大学における環瀬戸内応用数理研究会において口頭発表し,さらに,11月ドイツ連邦共和国Dagstuhl計算機科学センターにおける研究集会で報告した.論文は原稿が完成したところである. 第2点に関しては,「研究成果報告書」(101ページ)の形で詳細に論じた.主なところは,不等式の古典的書物であるHardy,Littlewood,Polyaの著書Inequalities(cambridge Univ.Press,第2版 1952)の内容の一部の追跡を数式処理ソフトMaple Vで試みてみたものであるが,さまざまな困難の顕在化とともに,計算機適用のためには数学自体の準備が鍵をなすことが明らかになった.不等式は数学解析の基礎に横たわるものであり,その計算機上での処理こそ今後の研究継続の要となるべきものである.本研究で一応の目処は付けられたと評価している. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
準線型偏微分方程式系の漸近解析の研究 by 吉川 敦; YOSHIKAWA Atsushi
5
MATLAB数式処理による数学基礎 by 小国, 力; 小割, 健一
12
コンピューティング : 原理とその展開 by 川合, 慧; 萩谷, 昌己
5.
MATLAB数式処理による数学基礎 by 小国, 力; 小割, 健一
7.
準線型偏微分方程式系の漸近解析の研究 by 吉川 敦; YOSHIKAWA Atsushi
12.
コンピューティング : 原理とその展開 by 川合, 慧; 萩谷, 昌己