屈筋腱損傷修復後の癒着防止に対するリン脂質リポソーム投与の検討

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

屈筋腱損傷修復後の癒着防止に対するリン脂質リポソーム投与の検討

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
日垣 秀彦(九州産業大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-2000
概要(最新報告):
in vitro 日本白色家兎屈筋腱と腱鞘間の摩擦試験におけるリン脂質リポソームの潤滑性評価 実験に先立ち,新しいコンセプトに基づいた摩擦試験機の提案と検証を行った.日本白色家兎の後肢第3趾から屈筋腱と基節骨,プーリーからなるトライボシステムを温存するように摘出し,対象とした.屈筋腱の両端を歪みゲージを付した金属板に固定し,予張力を与えた状態でプーリー内を滑動するシステムに,プーリー外部からステンレス丸棒を介して荷重を与え,摩擦力を測定した.摩擦過程における静止摩擦と動摩擦の区別や,荷重および予荷重時間依存性を確認し,摩擦モードの同定を行った. リン脂質リポソームの効果に関しては,界面活性剤等を利用した表面処理を利用し,境界潤滑能の低下した相対摩擦面間において,ジパルミトイルフォスファチジルコリンリポソームの生理的濃度の潤滑液添加により,潤滑性を有する表面吸着膜の再形成を実験的に確認した.腱損傷後は健常時よりも潤滑条件は過酷となり境界潤滑モードへの依存が高くなるため,従来用いられているヒアルロン酸塩水溶液にリン脂質リポソームを添加することにより,境界潤滑性を向上させる界面を形成し,癒着防止に効果を発揮することが期待される. in vivo屈筋腱損傷モデル家兎の修復過程の癒着防止に及ぼすリン脂質リポソームの投与効果 日本白色家兎の屈筋腱に損傷を加え癒着モデルを作製した.縫合後ヒアルロン酸水溶液とリン脂質リポソーム添加ヒアルロン酸水溶液,比較としての生理食塩水溶液を注入し,癒着防止効果を癒着を引き剥がすためのせん断仕事量により確認した.ヒアルロン酸水溶液注入においてはShamと生理食塩水溶液注入に対し,仕事量は低下する傾向を示すが有意差は認めなかった.リン脂質リポソーム添加ヒアルロン酸水溶液注入においては有意差を認め,癒着防止剤としての可能性が確認された. 続きを見る
本文を見る

類似資料: