「総合的学習」のカリキュラム開発を促進する経営的要因の抽出に関する研究

閲覧数: 18
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

「総合的学習」のカリキュラム開発を促進する経営的要因の抽出に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Research on Analyzing Managerial Factors to Facilitate Connected Curriculum Development
責任表示:
中留 武昭(九州大学・大学院・人間環境学研究科・教授)
NAKADOME Takeaki(九州大学・大学院・人間環境学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-1999
概要(最新報告):
本研究は2002年どから本格実施となる「総合的学習」のカリキュラムを規定することになる経営的要因を構造的に解明することによって総合的学習を効果的に促進し、学校改善をはかっていくための諸条件を抽出しようとするものである. 方法的には総合的学習の基軸となるカリキュラム開発のパラタイム(連関性と協力性)を理論的に明らかにし、これを検記するための義量調査を先迫実施校と未実施校とに分けて比較検討し、次いで先迫校のケーススタディーを(13校)実施し、最後にアメリカの連関カリキュラム(Connected curiculum)開発のフィールドワーク成果との比較によって以下の仮説を検討してみたものである。 (1)総合的学習の実施は各学校が積極的な学校文化・風土を醸成することによって学校改善に有効に機能する (2)総合的学習のカリキュラム開発は学校全体のカリキュラム開発の必要性とそのための創意工夫ある戦略の策定とを必然的に促す (3)総合的学習の基軸は教育課程のの内容上、方法上の連関性と運営上の協力性に求められるが、この双方は合わせてワンセットのコンセプトとして学校改善に有効に機能する (4)総合的学習のカリキュラム開発によって児童・生徒にとっては新しい学力観による資質,能力をて言うことになると共に、講師にとってもこの学習を通して新たな指導形態(支援)を生み出す契機ともなり、そこに双方間に教育における新しい関係を生み出すものとなる. (5)総合的学習のカリキュラム開発には講師による内省的考察をベースにした実践的研究(アクションリサーチ)が活性化することになる. (6)総合的学習のカリキュラム開発はウチ(学内)とソト(地域)において開かれた学校を促進するものでなる. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
学校改善を規定する学校文化の要因に関する調査 by 九州大学教育経営学研究室(代表 教授 中留, 武昭); g KYUSHU UNIVERSITY, FACULTY of EDUCATION, …
5
学校改善を規定する学校文化の構成要因に関する実証的研究 : 校長と教員の意識調査 by 中留, 武昭; Nakadome, Takeaki; 露口, 健司; Tsuyuguchi, Kenji
11
学校改善を規定する学校文化の要因に関する調査 : 校長に対する意識調査の結果から ; 文部省科学研究費補助金一般研究(C)中間報告 by 中留, 武昭; Nakadome, Takeaki; 千々布, 敏弥; Chichibu, Toshiya; 大野, 裕己; Ono, Hiromi; 元兼, 正浩; …
5.
学校改善を規定する学校文化の構成要因に関する実証的研究 : 校長と教員の意識調査 by 中留, 武昭; Nakadome, Takeaki; 露口, 健司; Tsuyuguchi, Kenji
8.
学校改善を規定する学校文化の要因に関する調査 by 九州大学教育経営学研究室(代表 教授 中留, 武昭); g KYUSHU UNIVERSITY, FACULTY of EDUCATION, …
11.
学校改善を規定する学校文化の要因に関する調査 : 校長に対する意識調査の結果から ; 文部省科学研究費補助金一般研究(C)中間報告 by 中留, 武昭; Nakadome, Takeaki; 千々布, 敏弥; Chichibu, Toshiya; 大野, 裕己; Ono, Hiromi; 元兼, 正浩; …