祭りの比較宗教学的研究-山村の祭りと都市の祭りの実証的比較研究による

閲覧数: 17
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

祭りの比較宗教学的研究-山村の祭りと都市の祭りの実証的比較研究による

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Comparative study on Festivals: City Festivals and Village Festivals
責任表示:
竹沢 尚一郎(九州大学・大学院・人間環境学研究科・教授)
TAKEZAWA Shoichiro(九州大学・大学院・人間環境学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-1999
概要(最新報告):
本研究は、都市祭礼と山村の祭りの比較研究であり、都市祭礼として福岡市の2つの祭り(博多祇園山笠と博多どんたく港祭り)を、山村の祭りとして宮崎県東臼杵郡椎葉村の祭り(栂尾神楽)を取り上げ、文献調査を通じて個々の祭りの歴史と祭り研究の視点を確立すると同時に、現地調査を実施することでそれぞれの祭りの深い理解をめざした。その結果、いずれのケースとも祭りが地域社会と密接に結びつきながら遂行されてきたこと、とくに地域社会の中にさまざまな対立(年長者/年少者、男性/女性、参加者/観察者・加勢者など)を生み出しながら、それを超えて共同性や共同意識を生みだす働きをしていることが確認された。 それぞれの祭りの固有性としては、山村の祭りは生業と密接に結びつきながら発展してきたこと、近代化と過疎化が進行する中でその機能が形骸化するのと対照的に、祭りがはたす成員のアイデンティティ付与の機能が強化されていることが理解された。また、それを観光資源として活用することに対しては、参加者の側に強い抵抗があることが理解された。一方、都市祭礼の方は、過去から現在にいたるまで、農村や周辺の市町村から都市へ人口と資源を吸引させる働きをしていることが確認され、そのために都市祭礼は構成要素間の競争をあおることで、ますます華美・勇壮・盛大になる傾向があることが理解された。都市祭礼と山村の祭りにおけるこれらの機能は、これまであまり研究されていないばかりか、現在進行中のものでもあり、今後の祭り研究の上で有効な視点になると判断される。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
祭りと国家の比較宗教学的調査研究 by 関 一敏; SEKI Kazutoshi
9
祭りの現象学 by 薗田, 稔
10
祭りの文化人類学 by 森田, 三郎
5
祭りとイベントのつくり方 by 鶴見, 俊輔; 小林, 和夫
12
久高島の祭りと伝承 by 桜井, 満
3.
祭りと国家の比較宗教学的調査研究 by 関 一敏; SEKI Kazutoshi
5.
祭りとイベントのつくり方 by 鶴見, 俊輔; 小林, 和夫
9.
祭りの現象学 by 薗田, 稔
10.
祭りの文化人類学 by 森田, 三郎
12.
久高島の祭りと伝承 by 桜井, 満