ネットワーク分散型降水レーダデータベースの構築と利用に関する研究

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットワーク分散型降水レーダデータベースの構築と利用に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development for distributed precipitation radar database and its application.
責任表示:
森山 聡之(崇城大学・工学部・助教授)
MORIYAMA Tosiyuki(崇城大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-2000
概要(最新報告):
3年間で以下の研究を行った 1.レーダデータの収集整理 国土交通省国見山(九州南部)レーダのデータを延べ3年分を磁気テープから読み取りCD-Rに焼きつけた 2.各レーダデータの読み込みプログラムの開発 国土交通省国見山(九州南部)レーダ、国土交通省釈迦岳(九州北部)3次元二重偏波レーダ、国土交通省大和山(中国)レーダ、中央大学3次元ドップラーレーダによる観測データを読み込んで、共通的なレーダ反射因子Zに変換し、さらに、適切なパラメータを与えて降雨強度に変換し、座標系を極座標から直交座標に変換するJavaプログラムを開発した 3.レーダデータベースの開発 オンメモリ方式のデータベース検索システムを開発した。さらに、より複雑な関係をそのまま保存可能で、大量のデータが扱えるオブジェクト指向データベースへの移行を検討した。検討したオブジェクトデータベースシステムは、PSE Pro for Java,Data Store,Stored Objectの3種類で、オープンソースであるStored Objectを選択した 4.3層モデルによるレーダデータのインターネットホームページへの公開 アプレットーサーブレットーデータベースの3層モデルプログラムをJavaで開発しデモをhttp://www.radar.civil.ac/で公開し、さらにプログラムも公開した 5.アメダスデータベースの作成 レーダ雨量をキャリブレーションするために、アメダスの任意の地点の降雨時系列を取りだせる簡単なデータベースを作成した 6.国土数値情報データベースの作成 レーダの画面に地図を表示するために、国土数値情報の任意地点のデータを読み込んで地図を作成するプログラムを作成した 7.データベースサービス提供サーバの構築と分散システムの検討 上記のプログラム群を使って、インターネットでレーダデータベースをサービスするために崇城大学・京都大学・中央大学に設置するサーバを作成した。Java言語のマルチスレッド機能を活用するために、Dual CPUとし、OSはMeister Mandrake Linux7.2,JDKはIBM JDK1.30,サーブレットエンジンはTomcat1.2.2を採用した。サーバのハードディスクの故障に対応するためにソフトウエアRAIDを組んでいる.これらサーバ群を1つのデータベースとして動作させるには、分散システムが必要であり、Visi Broker(CORBA),Java RMI,HORBの3つを検討したが、HORBを第一候補、Java RMIを第2候補として検証を続けている 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
中国古典通俗文芸研究のための書目データベースの構築と公開 by 中里見 敬; NAKAZATOMI Satoshi; 二階堂 善弘; NIKAIDO Yoshihiro
9.
中国古典通俗文芸研究のための書目データベースの構築と公開 by 中里見 敬; NAKAZATOMI Satoshi; 二階堂 善弘; NIKAIDO Yoshihiro