ヘイペロン-核子相互作用と軽いハイパー核の構造の精密3体・4体理論による研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘイペロン-核子相互作用と軽いハイパー核の構造の精密3体・4体理論による研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
上村 正康(九州大学・理学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997
概要(最新報告):
3体、4体系束縛状態を解く方法として、ヤコビー座標系ガウス型基底関数を用いる方法が非常に普遍的・高速・高精度であるが、この計算のための汎用プログラムを開発し、ハイパー核に適用した。 (i)^4_ΛH,^4_ΛHe(=3N+Λ)において、現実的なAN,YN相互作用を用いた世界で初めての4体計算実行し、スピン-スピン力とO^+-1^+レベルのsplittingの関係を分析した。従来提案されているNijmegenグループのND,NF型の&Lambda;N力は、スピン・スピン力が望ましい強さの数分の1の大きさしかないこと、EhimeグループのΛN力は、結合エネルギーはほぼ再現するが、スピン・スピン力の強さは、2/3の大きさであることを示し、各グループのYN相互作用の改良の指針を示し、 (ii)^<13>_ΛC(=3α+Λ)の3/2^--1/2^-のエネルギーsplitting実験値を4体模型によって説明するとともに、この小さなsplittingは、^<12>C核のクラスター的励起によるものであって、必ずしも元の2体YNスピン・軌道力が小さいことを意味しないという新しい知見を示し、 (iii)^7_ΛLi(=α+2N+Λ)において、スピン・スピン力とスピン・軌道力が競合的に存在していることを明らかにし、同一ハイパー核から2つの力の情報が同時に得られる可能性を指摘した。これらの成果を4つの国際会議・シンポジウムで上村・肥山が講演した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
不安定核の構造と反応の理論的研究 by 上村 正康; KAMIMURA Masayasu
4
少数多体系の厳密解とその応用 by 上村 正康; KAMIMURA Masayasu
4.
少数多体系の厳密解とその応用 by 上村 正康; KAMIMURA Masayasu
7.
不安定核の構造と反応の理論的研究 by 上村 正康; KAMIMURA Masayasu