生体高分子に対する分子インターフェイスを用いた蛋白質の集積・機能化

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

生体高分子に対する分子インターフェイスを用いた蛋白質の集積・機能化

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
浜地 格(九州大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997
概要(最新報告):
分子認識性のインターフェイス分子としてイミノニ酢酸とフェニルホウ酸が有効であることを実証し、これらを組込んだ非天然アミノ酸の合成に成功した。非天然アミノ酸型イミノニ酢酸は、ペプチド固相合成と酵素半合成を併用することによってリボヌクレアーゼのペプチド骨格に組み入れることができた。得られた半合成リボヌクレアーゼは遷移金属イオンの結合によって活性がスイッチされ、これまで再構成法で示してきた知見がより一般の酵素にまで拡張される可能性を示唆した。またフェニルホウ酸アミノ酸を修飾したヘム補因子は、これまでうまくいかなったヘモグロビンとの再構成が可能となった。ヘモグロビンのアロステリックな酸素結合活性を人工的に組込んだインターフェイス分子によってコントロールする方法論が開けてくるかもしれない。さらに詳細な構造と活性相関についての研究を展開中である。 続きを見る
本文を見る

類似資料: