強酸性土壌微生物のアルミニウム耐性機構

閲覧数: 22
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

強酸性土壌微生物のアルミニウム耐性機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Al-resistance mechanism of Al-resistant microorganisms from strongly acid soils
責任表示:
金澤 晋二郎(九州大学・農学部・教授)
KANAZAWA Shinjiro(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
近年、酸性雨などにより土壌の酸性化が進行している。酸性土壌における作物の生育阻害要因に活性化アルミニウムが挙げられる。アルミニウム(Al)による障害を避けるために、Al耐性植物を作出することが試みられている。本研究では、植物に導入が比較的容易な真核微生物であるAl耐性糸状菌および酵母を強酸性土壌(茶園)から単離することを試みた。強酸素では寒天が固化しないので、強酸性で生育する微生物の研究の全て液体培地で行われていた。 そこで、まず強酸性でも寒天が固化する調整法を考案した。次いで、本寒天培地を用いて、次のような実験を行った。即ち、糸状菌単離用には、pH3.0のローズベンガル・ストレプトマイシン寒天培地、酵母単離用にはpH3.5の麦芽エキス酵母培地を用いた。 その結果、茶園土壌からEmericellopsis minima,Paecilomyces liacinus,Mortierella ramanniana var.angulispora,Sporothrix inflata,Penicillium glabrum,Metarhizium anisopliae,Chaetosphaeria inaequalis,Aspergillus fumigatusの7種のアルミニウム耐性糸状菌が得られた。また、茶園土壌である黒ボク土から赤色の酵母AT-1、白褐色の酵母AY-2およびAY-3が得られた。同定の結果AT-1はRhodotorula mucilaginosa、AY-2およびAY-3はともにCryptococcus lanrentiiと判明した。寒天培地でのAl耐性濃度では糸状菌では全て100mMで、他方酵母のそれはAlの溶解の限界である250mMまで生育した。液体培養でのAl耐性濃度はAT-1では10〜20mM、AT-2では100mM、AT-3では50mMであった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
Acid Rain Program : annual progress report by Acid Rain Program; United States
5
Acid rain by Boyle, Robert H., 1928-; Boyle, R. Alexander
6
Acid rain and dry deposition by Canter, Larry W.
12
ゲノムサイエンスと微生物分子遺伝学 by 定家, 義人; 松本, 幸次; 原, 弘志; 朝井, 計
5.
Acid rain by Boyle, Robert H., 1928-; Boyle, R. Alexander
6.
Acid rain and dry deposition by Canter, Larry W.
7.
Acid Rain Program : annual progress report by Acid Rain Program; United States
12.
ゲノムサイエンスと微生物分子遺伝学 by 定家, 義人; 松本, 幸次; 原, 弘志; 朝井, 計