炭鉱都市および炭鉱住宅の形成に関する計画史的研究

閲覧数: 20
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

炭鉱都市および炭鉱住宅の形成に関する計画史的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A Planning-Historical Study on The Formation of a Coal Mining City and Houses for Coal Miners
責任表示:
菊地 成朋(九州大学・大学院・人間環境学研究科・教授)
KIKUCHI Shigetomo(九州大学・大学院・人間環境学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1999
概要(最新報告):
炭鉱都市および炭鉱住宅を対象に,開発開始から現在に至るまでの変遷を具体的事例でトレースし,それをもとに炭鉱社会という特殊な背景のもとで行われた計画行為の特質を考察した。 炭鉱都市については,まず筑豊において炭鉱業の進展に伴う都市形成がどのように展開したのかを検討し,都市構造の差異が立地や産業基盤の違いにもとづいていることを例証した。つぎに,山田市の上山田地区を対象に,市街地形成と炭鉱集落との関わりを分析した。 単行集落については,山田市の5炭鉱を対象にその建設過程を追跡し,そこから企業の計画意図を読みとることを試みた。そして,炭鉱集落の実体には,出炭量などの経営条件以上に,企業の属性や開発理念の違いが強く反映していることを示した。大手2鉱は国策と連動する傾向が強いが,納屋集落的構成を残存させながら展開した三菱に対して,古河は昭和初期に納屋制度を廃止した際に納屋集落をクリアランスし,計画性の高い炭鉱集落を新たに建設している。この差は,企業内における炭鉱業の位置づけの違いによるところが大きいとみられる。また,一般に炭鉱集落は市街地を避けて丘陵部に建設されるのに対し,地元資本の樋口木城鉱は既存集落に接近して展開している。 炭鉱住宅については,記録保存の意味も含めて,山田市に残る50戸あまりの遺構を実測調査し、それをもとに復元図を作成した。また,閉山に際して作られた評価資料や採取した平面図などを用い,炭鉱住宅の建設年代と平面形式を,炭鉱集落ごとに分析し,これを労務管理の視点から考察した。たとえば,第一次大戦後に操業した日炭山田鉱は,参入と同時に多様な鉱員住宅を用意し,労務管理と結びついた住宅運営を行っている。 さらに,2つの炭鉱住宅地区を対象に生活に関する聞き取り調査を実施し,操業時代から閉山を経て現在に至るまでの生活史としてまとめた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
不況下における九州中小炭礦の実態 by 宮地, 英敏; Miyachi, Hidetoshi
3
御徳炭鉱にみる海軍予備炭田の実態 by 西尾, 典子; Nishio, Noriko; 宮地, 英敏; Miyachi, Hidetoshi
9
筑豊の炭鉱遺跡めぐり by 宮崎, 太郎; 桑原, 三郎; Miyazaki, Taro; Kuwahara, Saburo
4
雄別炭礦の残存埋蔵量と仮想雄別炭礦再開発計画 : 雄別の夢 by 三輪, 紀元; Miwa, Kigen; 松下, 泰夫; Matsushita Yasuo
10
筑豊地方の炭鉱における友子同盟について by 福沢, 重利; Fukuzawa, Shigetosi
6
給与住宅・福利・共済 by 島田, 信義
3.
御徳炭鉱にみる海軍予備炭田の実態 by 西尾, 典子; Nishio, Noriko; 宮地, 英敏; Miyachi, Hidetoshi
4.
雄別炭礦の残存埋蔵量と仮想雄別炭礦再開発計画 : 雄別の夢 by 三輪, 紀元; Miwa, Kigen; 松下, 泰夫; Matsushita Yasuo
6.
給与住宅・福利・共済 by 島田, 信義
8.
不況下における九州中小炭礦の実態 by 宮地, 英敏; Miyachi, Hidetoshi
9.
筑豊の炭鉱遺跡めぐり by 宮崎, 太郎; 桑原, 三郎; Miyazaki, Taro; Kuwahara, Saburo
10.
筑豊地方の炭鉱における友子同盟について by 福沢, 重利; Fukuzawa, Shigetosi
11.
近代筑豊炭鉱における坑内保育所の展開過程 by 野依, 智子; Noyori, Tomoko