高速列車走行時に発生するトンネル出口騒音の低減を目的とするパッシブコントロール

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高速列車走行時に発生するトンネル出口騒音の低減を目的とするパッシブコントロール

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Passive Control of Micro-Pressure Wave from High-Speed Railway Tunnel
責任表示:
青木 俊之(九州大学・大学院・総合理工学研究科・助教授)
AOKI Toshiyuki(九州大学・大学院・総合理工学研究科・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
本研究によって得られた研究成果は次の通りである。 1. トンネル出口で反射する圧縮波の波面は圧力勾配に依存して、パッシブコントール用の最適の出口形状がある。 2. 初期の圧力波の波面形状がわかっている場合、出口ボックスの形状は最大の圧力勾配の波面に対して最適化すべきである。これは、波面の圧力勾配が大きいときに騒音の低減がより多く求められるからである。ほとんどの場合、選択したボックスの形状は圧力勾配がゆるやかな波面に対しては最適な形状とはならない。 3. 任意の初期圧縮波波面に対し、ボックス内の容積に依存した最適の形状がある。しかし、衝撃波のような圧力勾配を持つ場合にはその依存性はそれほどない。 4. 特に、最適の形状に設計された出口ボックスにおける出口騒音の低減率は約30%であることがわかった。 この効果は、トンネル入口緩衝工などの他の騒音低減法と併用して用いることができる。 以上の成果に基づき、高速列車のトンネル内走行時に発生するトンネル出口での衝撃的騒音低減のためのトンネル出口パッシブコントロール装置の最適形状及びその性能に関する基礎的実験データを確立し、騒音低減法の基本性能を明らかにした。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
凝縮衝撃波の特性に関する研究 by 川越 茂敏; KAWAGOE Shigetoshi
10.
凝縮衝撃波の特性に関する研究 by 川越 茂敏; KAWAGOE Shigetoshi