ビリビリアルカリ層状貫入岩体の岩石学的研究

閲覧数: 29
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビリビリアルカリ層状貫入岩体の岩石学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
RETROLOGICAL STUDY OF THE BILIBILI ALKALI LAYERED INTRUSION
責任表示:
西山 忠男(熊本大学・理学部・教授)
NISHIYAMA Tadao(熊本大学・理学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
インドネシア・スラウェシ島南部のビリビリアルカリ層状貫入岩体の産状を調査し,岩体内部に発達する火成層状構造の成因を検討した.その結果以下のことが判明した.(1)岩体内部には貫入面から内部に向かって120mの範囲に渡り,197枚の層が確認された.全ての層の厚さを計測した結果,層の厚さは貫入面近くで薄く,岩体内部に向かって徐々に厚くなるスペース則に従うことがわかった.(2)一枚の層は,有色鉱物(カンラン石・単斜輝石)に富む堅い部分と,無色鉱物(斜長石・アルカリ長石・リューサイト・沸石)に富む柔らかい部分の互層よりなる.堅い部分の全岩組成は柔らかい部分に比してNa2Oに富み,K2Oに乏しい.その他の成分については顕著な差は認められない.(3)貫入面から岩体内部に向かって5m間隔で(堅い部分,柔らかい部分に無関係に)試料を採取し,その全岩化学組成を求めた.その結果,それらの組成の範囲は一枚の層の中の組成範囲とほぼ同じであることが分かった.このことは,マグマが貫入した後,マグマ溜まり内部で対流が起こり,マグマの化学組成が均一化したこと,ならびに化学組成の変化は層状構造の形成に伴って起こったことを示す.(4)堅い部分の長石の化学組成は,Or-Ab-Anの3成分図において,約900℃のソリダスに沿う全組成範囲に幅広く分布するのに対し,柔らかい部分の長石は組成範囲が狭く,アノーソクレースやサニディンは出現しないか,出現頻度が非常に小さい.このことは堅い部分が結晶化する際にメルト中の拡散が十分進行せず,全体的に非平衡な状態であったことを示す.柔らかい部分は非平衡の度合いが小さく,ゆっくり冷却したことを示す.(5)以上の事実から,層状構造は対流によって良く撹拌されているマグマ溜まりの境界部(母岩との接触部)において,熱境界層が形成され,その内部でソーレー効果によって形成されたと考えられる. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
火山発電に関する基礎的研究 by 江原 幸雄; EHARA Sachio
3
層状化合物 by 高木, 克彦; 高木, 慎介; 日本化学会
12
Petrology of the Osuzuyama Acid Rocks by 中田, 節也; NAKADA, SETSUYA
1.
火山発電に関する基礎的研究 by 江原 幸雄; EHARA Sachio
3.
層状化合物 by 高木, 克彦; 高木, 慎介; 日本化学会
12.
Petrology of the Osuzuyama Acid Rocks by 中田, 節也; NAKADA, SETSUYA