荒天海象下の巨大海洋構造物の挙動シミュレーションのためのソフトウェアの開発

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

荒天海象下の巨大海洋構造物の挙動シミュレーションのためのソフトウェアの開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of computer codes to predict the wave loads and the response of ships and offshore structures in waves
責任表示:
大楠 丹(九州大学・応用力学研究所・助教授)
OHKUSU Makoto(九州大学・応用力学研究所・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
本研究の目的は次の通りである。 1. 海洋波中の構造物に作用する非線形な波浪荷重と構造物の運動の合理的で信頼性の高い理論計算法を確立する。構造物に及ぼす波浪衝撃圧と甲板上への海水打ち込みのシミュレーション法を開発する。 2. 以上の結果を総合してあたえられた海洋波中における海洋構造物や船舶のいろいろな非線形挙動を安定した精度でシミュレートするソフトウエアを開発する。 研究成果を要約すると次の通りである。 1. 弱散乱の仮定(非定常流れの自由表面条件が入射波の波面で課せられるとして、構造物の大振幅動揺によって生じる構造物と水面の位置関係を現実的なものにする仮定)に基づいて高速船の大振幅動揺を計算するプログラムを開発した。本プログラムはいわゆる2.5次元理論を数学モデルとして用い、有限振幅の動揺による境界値問題の数値解析を容易にしている。 2. 任意の断面形状の柱状体が大振幅で動揺するときに作用する各種の流体力を計算するプログラムを開発した。本計算法はいわゆるMixed Eulerian-Lagrangian(MEL)法によっており、この種の計算ために現在までに開発されてきた種々のノウハウを総合したものである。現在このスキームと2.5次元近似理論を結合して、最終的なソフトウエアを完成するべく努力している。 3. 巨大海洋構造物の波浪中における弾性応答をシミュレートする計算プログラムを開発した。 4. 船舶の大波高中の縦揺によって生じる水面衝撃を数値解析する数学モデルを開発し、予備計算を実施し、水槽実験の結果と比較しモデルの正当性を確認した。 5. 甲板上への海水打ち込みを完全に理論のみでシミュレートすることは困難であることがわかった。海水打ち込みの量についての実験の結果を理論に組み込んだ半実験的なシミュレーション法が有効である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
流れの非線形挙動の研究 by 種子田 定俊; TANEDA Sadatoshi
3.
流れの非線形挙動の研究 by 種子田 定俊; TANEDA Sadatoshi