東アジア産昆虫の種情報の体系化及びネットワーク化に関する基盤研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

東アジア産昆虫の種情報の体系化及びネットワーク化に関する基盤研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Studies on organization and on-line networking of species information of East Asian insects
責任表示:
多田内 修(九州大学・農学部・助教授)
TADAUCHI Osamu(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1999
概要(最新報告):
1.昆虫学データベース(KONCHU)の再構築とインターネットでの公開:昆虫の種情報データベース「昆虫学データベース(KONCHU)」を、ワークステーションに移築し、データベース管理システムSIGMAを改訂して、検索をより容易にした。1999年6月からインターネットで公開し、和文、英文のホームページがある。ファイルは一雑誌ごとに作成しており、2000年3月までに16ファイルを公開する。 2.日本産昆虫総目録(MOKUROKU)の再構築とインターネットでの公開:昆虫総目録データベース(MOKUROKU、1990)を、国外研究者にも対応できるように統一改訂し、検索をより容易にした。1999年9月からインターネットで公開し、和文、英文のホームページがある。 3.昆虫名称辞書の作成:日本産昆虫について、和名から学名を、逆に学名から和名を引ける昆虫名称辞書を作成して、インターネットで公開した。 4.昆虫各分類群の種情報データベース及びタイプ標本データベースの構築:研究代表者、研究分担者、研究協力者が研究対象としている分類群について、計8個の種情報のデータベースと九大昆虫学教室所蔵タイプ標本データベース2個を構築した。 5.東アジア産昆虫の各群の分類学的研究:研究代表者、研究分担者、研究協力者が研究対象としている分類群について、東アジア産の材料を用いた分類学的研究を行い、計12編の論文を発表した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

12
九州大学比較社会文化研究院所蔵の昆虫模式標本 by 舘, 亜古; Tachi, Ako; 嶌, 洪; Shima, Hiroshi
12.
九州大学比較社会文化研究院所蔵の昆虫模式標本 by 舘, 亜古; Tachi, Ako; 嶌, 洪; Shima, Hiroshi