シカ・イノシシを林産物化するための総合的研究

閲覧数: 25
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

シカ・イノシシを林産物化するための総合的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Comprehensive Study on Deer and Wild boar for Non-wood Forest Products
責任表示:
飯田 繁(九州大学・農学部・教授)
IIDA Shigeru(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1999
概要(最新報告):
1.ヨーロッパにおける野生動物の肉市場:中部ヨーロッパでは野生動物の肉は日常的な食べ物であるとともに、健康食品のような地位が与えられている。田舎のレストランでは、メニューの中に沢山のシカやイノシシ料理が載せてある。その背景として、狩猟がビジネスのような形で存在していること、牧場が広まっていることの2点を指摘できる。また、ハンターや牧場主は、収入の拡大を求め、肉の一次加工をする例が多くなっている。 2.狩猟制度:野生のシカ・イノシシ肉を安定供給するためには、狩猟を通じた野生動物の頭数管理が不可欠である。米国では州の野生動物局が猟区ごとの捕獲頭数や動物の大きさを決めて狩猟を行わせ、捕獲の結果を厳密に把握し、頭数を増やすように努力している。オーストリアでは猟区の権利が売買され、権利を取得したハンターが野生動物の管理者である。日本のような野生動物を「駆除」するという思想はない。 3.日本のシカ・イノシシ肉市場:日本でシカは約10万頭、イノシシは約8万頭捕獲されているが、一般のレストランに出回ることはない。長崎県対馬では、昨年1千頭以上のシカが捕獲(駆除)されたが、地元の魚の味(味の文化)には勝てず、そのほとんどが埋められている。また利用しても、ヒレ肉で体重の20%以下しか利用されていない。 4.料理の方法:日本におけるシカ・イノシシは、捕獲されるとその日の内に解体され、肉のかたまりにされるが、ヨーロッパでは内臓を取り除き、熟成するまで冷凍庫で保存している。この最初の取り扱いがその後の料理方法に大きく影響している。 こうした、欧米の文化やシステムを参考に、日本のシステムを作り上げる必要がある。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
アリを食べること by 村上, 貴弘; Murakami, Takahiro
2
Contribution of Forest Resources to Local People’s Income : A Case Study in Cat Tien Biosphere Reserve, Vietnam by Sang, Dinh Thanh; Ogata, Kazuo; Yabe, Mitsuyasu; 緒方, 一夫; 矢部, 光保
8
動物の権利 by DeGrazia, David; 戸田, 清
5
辛口化か食生活の変化か : 変わる酒と食の相性 by 宮地, 英敏; Miyachi, Hidetoshi
11
野生動物の生態と病態からみた環境評価 : 岐阜大学21世紀COEプログラム by COE「野生動物の生態と病態からみた環境評価」事務局; 岐阜大学応用生物科学部応用生物科学科; 岐阜大学大学院連合獣医学研究科
12
動物の解放 by Singer, Peter, 1946-; 戸田, 清
2.
Contribution of Forest Resources to Local People’s Income : A Case Study in Cat Tien Biosphere Reserve, Vietnam by Sang, Dinh Thanh; Ogata, Kazuo; Yabe, Mitsuyasu; 緒方, 一夫; 矢部, 光保
5.
辛口化か食生活の変化か : 変わる酒と食の相性 by 宮地, 英敏; Miyachi, Hidetoshi
7.
アリを食べること by 村上, 貴弘; Murakami, Takahiro
8.
動物の権利 by DeGrazia, David; 戸田, 清
11.
野生動物の生態と病態からみた環境評価 : 岐阜大学21世紀COEプログラム by COE「野生動物の生態と病態からみた環境評価」事務局; 岐阜大学応用生物科学部応用生物科学科; 岐阜大学大学院連合獣医学研究科
12.
動物の解放 by Singer, Peter, 1946-; 戸田, 清