カブトガニ血球細胞分泌顆粒内に見い出されたプロリンイソメラーゼの機能

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

カブトガニ血球細胞分泌顆粒内に見い出されたプロリンイソメラーゼの機能

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
牟田 達史(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997
概要(最新報告):
カブトガニ血球細胞は、体液凝固因子、レクチン、抗菌物質などの防御物質を密に含んだ大小二種類の顆粒をもつ。これらの顆粒内成分は、グラム陰性菌表層のリポ多糖(LPS)刺激にともなって血球細胞よりエキソサイトーシスによって体液中へと放出され、感染菌の凝集、被包化、殺菌など、この動物の生体防御系の中心的役割を果たしている。我々は、体液凝固因子の一つであるG因子の機能解析の過程で,カブトガニ血球細胞内に存在する27kDaの未知のタンパク質が、抗G因子サブユニットβ抗体と反応することを見い出し、このタンパク質の解析を行い、以下の知見を得た。 まず、同抗体との反応性を指標に、このタンパク質(p27)を精製し、さらにcDNAクローニングを行い、その全塩基配列を解析した。p27のアミノ酸配列は、プロリン-シストランス-イソメラーゼ(peptidyl-prorylcis/trans-isomerase)の一種で免疫抑制剤サイクロスポリンAの細胞内ターゲットと知られるサイクロフィリンBと高い相同性を示した。p27はイソメラーゼ活性を示し、この活性はサイクロスポリンAによって阻害されたが、FK506による影響は見られなかった。p27は他のサイクロフィリンBと同様、N末端に疎水性の分泌シグナル配列をもつものの、サイクロフィリンBに共通して存在するC末端の小胞体保持シグナル配列は保存されていなかった。p27は血球細胞内の大顆粒内に特異的に局在する新しいタイプのサイクロフィリンであることが明らかになり、我々は、このタンパク質をサイクロフィリンGと命名した。本研究は調節性分泌顆粒内のサイクロフィリン様のタンパク質の存在を示した初めての報告であり、分泌タンパク質の貯蔵の場においてもシャペロン様のタンパク質による品質管理システム(quality control system)が存在する可能性が示唆された。 続きを見る
本文を見る

類似資料: