自己組織化高分子単分子膜による金表面の二次元構造制御とタンパク質の表面認識挙動

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

自己組織化高分子単分子膜による金表面の二次元構造制御とタンパク質の表面認識挙動

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
高原 淳(九州大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997
概要(最新報告):
1)有機シラン単分子膜による電極表面の二次元構造制御 水面上に有機シラン化合物の溶液を展開し縮合重合することにより水面上に高分子化有機シラン単分子膜を調製し、水酸基を表面に有する平滑で清浄な基板に単分子膜をLangmuir法で固定化した。基板としてはSiウエハ-あるいは表面プラズモン共鳴分光法(SPR)用の金薄膜のうに上にSiOxを薄く蒸着したものを用いた。結晶性の有機シラン化合物と非晶性の有機シラン化合物の混合単分子膜のAFM観察により混合単分子膜中でのメゾスコピックスケールでの相分離構造を確認した。さらに末端に二重結合を有する有機シラン単分子膜を酸化し、親水性のCOOHを表面に有する単分子膜表面の構築に成功した。 2)固定化単分子膜表面と生体成分の相互作用の直接解析 単一成分系および相分離構造を形成した固定化単分子膜表面へのタンパク質の吸着挙動をAFM観察あるいは表面プラズモン共鳴分光法(SPR)を用いて解析した。SPRによるとタンパク質の吸着量の測定結果は疎水性の高い表面でタンパク質が強固に吸着されることを明らかにした。またAFM観察により、相分離構造を有する表面では疎水性ドメインに選択的にタンパク質の高い表面でタンパク質が強固に吸着されることを明らかにした。 続きを見る
本文を見る

類似資料: