視床下部サイトカインによって生じる痛覚過敏および鎮痛の発現機序と伝達経路の解明

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

視床下部サイトカインによって生じる痛覚過敏および鎮痛の発現機序と伝達経路の解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
岡 孝和(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
本年度は以下の2つの実験を行った.実験には雄ウイスターラット(300-350g)を用い,侵害受容閾値の測定にはプランターテストを用いた. [1] インターロイキン-1β(IL-1β)を視床下部視索前野(POA)に投与したときに生じる痛覚過敏におけるNOの関与の検討.実験1週間前に麻酔下でガイドカニューレとスタイレットをPOAの1.0mm上まで埋め込み,実験当日,薬物を目的部位に注入しpaw-withdrawal latencyの変化を観察した.IL-1β10pgをPOAに投与すると15-30分後にpaw-withdrawal latencyは短縮したが,IL-1β+N^G-monomethyl-L-arginin(10μg)を同時投与すると短縮効果が抑制された.POAにおいてIL-1βはNOを介して痛覚過敏を生じると考えられた. [2] Lipopolysaccharide(LPS)全身投与によって生じる痛覚過敏/鎮痛作用におけるプロスタグタンジン(PG)の関与の検討.LPS1-100μg/kgを静脈内投与したところ,投与45-60分後にpaw-withdrawal latencyが短縮した.一方,120分の観察時間内ではpaw-withdrawal latencyの延長はみられなかった.シクロオキシゲナーゼ-2阻害剤であるNS-3981.0ng/0.3μlを両側POA内に局所投与したところpaw-withdrawal latencyの短縮が抑制されたが,腹内側核,室傍核内への投与では抑制効果がみられなかった.細菌感染症にかかった時に生じる痛覚過敏にPOAでのPG産生が関与すると考えられる. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
鶏の下垂体の顕微分光測光法的研究 : II. 視床下部破壊が雄鶏の生殖機能に及ぼす影響 by 高原, 斉; 岩元, 久雄; 岡本, 正夫; Takahara, Hitoshi; Iwamoto, Hisao; Okamoto, Masao
8.
鶏の下垂体の顕微分光測光法的研究 : II. 視床下部破壊が雄鶏の生殖機能に及ぼす影響 by 高原, 斉; 岩元, 久雄; 岡本, 正夫; Takahara, Hitoshi; Iwamoto, Hisao; Okamoto, Masao