アスパラガスの雌雄性遺伝子に連鎖したRAPDマーカーの検索

閲覧数: 15
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

アスパラガスの雌雄性遺伝子に連鎖したRAPDマーカーの検索

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
尾崎 行生(九州大学・農学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
(1)昨年度行った複数の組み合わせの交配から得られた種子にカーバメート処理を施して花成誘導を行い、雌雄性を明らかにした実生からDNA抽出をおこない、バルク法による多型マーカーの検出を行った。その結果、55種類のプライマーのうち5種類のプライマーから合計9本の多型バンドを検出した。これらのマーカーについて現在各々の個体について分析を行っているところである。一般的に、RAPDマーカーは再現性が低いという欠点があるといわれているため、再現性のある明瞭なマーカーの選抜を慎重に行っている。 (2)(1)と並行して、昨年度までに明らかにした3組のアイソザイム遺伝子座の連鎖(Aat-1とMdh-1、Pgm-1とSkdh-1、Idh-1とAat-3)のうち、本年度は特にAct-1とMdh-1との連鎖(22cMの距離)に着目した実験を行った。すなわち、これまでの報告で、Mdh-1遺伝子座は雌雄性遺伝子座と約20cMで連鎖していることが知られており、Mdh-1との連鎖が確認されたAat-1遺伝子座が雌雄性遺伝子座と密接に連鎖している可能性がある。カーバメート処理による雌雄性の早期判別を試みたが、開花株率が5%以下であったため、育成している実生をもとにAat-1と性決定遺伝子座との直接の連鎖関係は明らかにできなかった。現在継続して栽培試験を行っており、来年度中には通常開花が見込まれるため、直接の連鎖関係が明らかになる見込みである。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
RAPDマーカーを用いた九州地方のスギさし木品種の分類 by 高田, 克彦; 白石, 進; Takata, Katsuhiko; Shiraishi, Ssusumu
4
アマダイ科魚類の雌雄性と採卵技術 by 中園 明信; NAKAZONO Akinobu
11
イネの遺伝子マッピングの新展開 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
6
RAPDマーカーを用いた九州に分布するセンダン(Melia azedarch Linn.)の遺伝変異の解析 by 金谷, 整一; 渡辺, 敦史; 白石, 進; 玉泉, 幸一郎; 齋藤, 明; Kanetani, Seiichi; Watanabe, Atsushi; …
4.
アマダイ科魚類の雌雄性と採卵技術 by 中園 明信; NAKAZONO Akinobu
6.
RAPDマーカーを用いた九州に分布するセンダン(Melia azedarch Linn.)の遺伝変異の解析 by 金谷, 整一; 渡辺, 敦史; 白石, 進; 玉泉, 幸一郎; 齋藤, 明; Kanetani, Seiichi; Watanabe, Atsushi; …
9.
RAPDマーカーを用いた九州地方のスギさし木品種の分類 by 高田, 克彦; 白石, 進; Takata, Katsuhiko; Shiraishi, Ssusumu
11.
イネの遺伝子マッピングの新展開 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo