簡便なパネル法によるプロペラキャビテーション推定法に関する研究

閲覧数: 10
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

簡便なパネル法によるプロペラキャビテーション推定法に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
安東 潤(九州大学・大学院工学研究科・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
昨年度は、九州大学で開発した簡便なパネル法SQCMをベースにして、圧力一定となるキャビティ形状を繰り返し計算によって求める手法に基づき、部分キャビテーションを起している2次元翼の性能を計算した。本年度は、この手法の3次元問題への拡張を行った。 始めに計算法の概略を述べる。翼表面をパネルに分割し、それぞれに一定強さの吹出しを配置する。また、キャンバー面上にLanのQCMの理論に従って束縛渦とコントロールポイントを配置する。翼の背面に予めキャビテーションが発生する範囲を仮定し、その範囲内では目標速度を条件として、その他の翼表面では翼を貫く流れが無いという物体表面条件を課す。ここで、部分キャビテーションとスーパーキャビテーションの両方が扱えるように、それぞれに対応する条件式を導入する。さらにキャンバー面を貫く流れが無いという条件を課すことにすると、吹出しおよび渦分布とキャビテーション数を決定するための連立1次方程式が構成されるので、これを解いて未知数を求める。今、キャビテーションが発生するとした翼背面の範囲では境界を貫く流れが無いという条件は満足されていないので、翼前縁より翼表面のパネルを流れに沿うように再配置する。これがキャビティ形状となる。以上の操作をキャビティ形状が変化しなくなるまで繰り返す。 上記の方法を用いて、3次元楕円翼および矩形翼、後退角付3次元翼について計算を行った。いずれの翼に対しても、計算で求めたキャビテーション数とキャビテーション長さおよびキャビテイ最大厚さの関係は実験の傾向と良く一致した。また楕円翼については揚力・抗力係数についても本計算法により実験結果に一致する結果を得ることができた。現在、定常プロペラに対して拡張中である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
サーフェス・プロペラに関する総合的研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
6
新しい船舶操縦性モデに関する総合的研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
5.
サーフェス・プロペラに関する総合的研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
6.
新しい船舶操縦性モデに関する総合的研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu