感圧塗料を用いた平面圧力分布測定法の超音速内部流れ場への適用法に関する研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

感圧塗料を用いた平面圧力分布測定法の超音速内部流れ場への適用法に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
半田 太郎(九州大学・大学院総合理工学研究科・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
感圧塗料を高速非定常な流れに適用するため薄膜クロマトグラフィー(TLC)に発光分子を吸着させた。その状態における感圧塗料の静的特性を調べるため、感圧塗料を温度制御をすることができるペルチェ素子に塗料を吸着させたTLCを設置し、圧力ならびに温度を変化させて発光強度の測定を行った。その結果以下のことがわかった。 1. 感圧塗料は壁面の温度に依存する。 2. 親水性のTLCを用いると発光特性に気体中の水分の影響が出る。疎水性のTLCを用いることによりこの問題を解決することができる。 また、上述の感圧塗料の時間応答性を調べるため衝撃波管を用いて測定した結果以下のようなことがわかった。 1. TLCを用いた塗布方法を用いることにより、従来の塗布方法では得られなかった速い時間応答性を得ることができた。 2. 感圧塗料の時間応答性は吸着方法が同じなら、発光分子の種類にほとんど依存しない。 3. 衝撃波管によって発生する接触面は圧力は変化しないが温度が急激に変化する。この接触面を用いて感圧塗料の急激な温度変化に対する発光特性を調べた。その結果、感圧塗料は気体の急激な温度変化に対して影響を受けないことがわかった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
複雑内部流れの三次元剥離 by 井上 雅弘; INOUE Masahiro
11
複雑内部流れ解析におけるEFDとCFDの同化 by 古川 雅人; FURUKAWA Masato
10.
複雑内部流れの三次元剥離 by 井上 雅弘; INOUE Masahiro
11.
複雑内部流れ解析におけるEFDとCFDの同化 by 古川 雅人; FURUKAWA Masato