朝永・タッティンジャー流体の不安定性と繰り込み群

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝永・タッティンジャー流体の不安定性と繰り込み群

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
野村 清英(九州大学・理学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
1次元量子多体系は朝永・ラッティンジャー流体で記述される。朝永・ラッテインジャー流体はUmklapp過程、後方散乱、引力等で不安定となるが、これを電子系と量子スピン系双方で研究した。主にBKT転移に対して開発したレベルスペクトロスコピー法を用いた。 電子系では、t-Jモデルでの(超伝導相関を大幅に増大させる)スピンギャップ転移と、相分離について調べた。注意しなければならないのは、フェルミオンであることを反映して電荷密度自由度とスピン自由度との間に選択則の関係があり、周期的境界条件のみでは2つが分離できない。ひねり境界条件を併用することで2つの自由度を分離した。レベルスペクトロスコピーで解析した結果、スピンギャップ相は従来の予想よりずっと広い範囲で存在し、ユニバーサリティクラスはBKT転移であることが分かった。スピンギャップ転移の物理的解釈は、後方散乱が斥力から引力になることで引き起こされる。相分離についてはその近傍での物理量(圧縮率、伝導率)の漸近的振舞いをスピン系での強磁性転移との場合の類推から解析的に予想し、数値計算と比較した。 量子スピン系では、ボンド交替のある場合と交替磁場のある場合について、S=1,3/2,2の相図を完成し、ユニバーサリティクラスを確かめた。ひねり境界条件を使うことで、(Haldane相の)隠れたZ_2×Z_2対称性の別の側面を明らかにした。また、ひねり境界条をBKT転移に使うことで、BKT転移の隠れたSU(2)対称性を明確にし、合わせて収束性を元のレベルスペクトロスコピーからさらに向上させた。S=1のスピン鎖でTakhatajan-Babujan模型は厳密解があるが、これにボンド交替を入れた場合、この点は多重臨界点として振舞い、2つのSU(2)c=lCFTの臨界線に分岐する。この多重臨界点近傍の様子を調べた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
繰り込み群の数理科学での応用 by 京都大学数理解析研究所; 伊東, 恵一
1.
超対称性の破れのミラージュ伝達とLHCの物理 by 奥村 健一; OKUMURA Ken-ichi
4.
準一次元強相関係の研究 by 野村 清英
5.
繰り込み群の数理科学での応用 by 京都大学数理解析研究所; 伊東, 恵一
8.
フラストレーションによる整合-非整合遷移 by 野村 清英; NOMURA Kiyohide