新規液晶性ジアリールジアセチレンの選択的合成とその応用に関する研究

閲覧数: 28
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

新規液晶性ジアリールジアセチレンの選択的合成とその応用に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Selective Synthesis and Application of Novel Liquid-Crystalline Diaryldiacetylenes
責任表示:
北村 二雄(九州大学・大学院・工学研究院・助教授)
KITAMURA Tsugio(九州大学・大学院・工学研究院・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-2000
概要(最新報告):
(1)ジアリールジアセチレン誘導体の選択的合成法の確立と液晶性の評価 長鎖アルキル基を有するアルキニルヨードニウム塩を合成し、長鎖アルキル基を有するアルキニル銅錯体との反応を用いる液晶性ジアリールジアセチレン誘導体の合成を開発した。このジアリールジアセチレン誘導体を用いる液晶性チオフェン誘導体の合成法を開発した。さらに、キラルな(S)-(2-メチルブトキシ)フェニルエチニルヨードニウムトシラートの合成を初めて行い、種々のアリールアルキニル銅錯体との反応により、キラルなジアリールジアセチレンを良好な収率で合成した。この方法によりキラルスメクチックC相を示す強誘電性液晶化合物の合成も行った。 (2)エンイン系液晶化合物の合成 長鎖アルキル基を持つスチリルブロミドをパラジウム触媒存在下アリールアセチレンとカップリングさせ、1,4-ジアリール-1-ブテン-3-イン誘導体を合成した。このエンイン誘導体はスメクチック、ネマチック相を示す液晶化合物で、広い温度範囲で液晶相を示すことが判明した。 (3)1,1-ジエチニルエテン及びテトラエチニルエテン誘導体の合成 π電子系が平面に広がった構造を有する1,1-ビス(アリールエチニル)エテン及びテトラキス(4-デシルオキシフェニエチニル)エテン誘導体を合成した。これらの化合物は、液晶性は示さなかったが、トリニトロフルオレノンと安定な電荷移動錯体を形成することがわかった。 続きを見る
本文を見る

類似資料: