新規π電子系化合物の合成、構造、および機能

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

新規π電子系化合物の合成、構造、および機能

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Synthesis, Structure, and Properties of New Conjugated pi-Electronic Systems
責任表示:
新名主 輝男(九州大学・有機化学基礎研究センター・助教授)
SHINMYOZU Teruo(九州大学・有機化学基礎研究センター・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
多架橋[3_n]シクロファン(n=3-6)を前駆化合物として、光化学反応によりヘキサプリズマン誘導体を合成する研究を行なった。まず、[3_3](1,3,5)シクロファンを用いて反応条件を詳細に検討した結果、含水ジクロロメタン中、低圧水銀灯照射によりビスホモペンタプリズマン骨格を持つ新規かご型化合物が得られる事が分かった。次に、[3_4](1,2,4,5)シクロファンを同条件下で光照射した所、2個の水酸基を持つ新規かご型化合物が得られた。これらの反応の機構としては、生成した高い歪みを持つヘキサプリズマン誘導体にプロトン化がおこり、生成したカルボカチオンがより安定なカチオンへ転位し、最終的に最安定カチオン種が水酸基により補足されたものと考えられる。 新しい伝導体の開発を目指して、Ru(II),Os(II)と多架橋[3_n]シクロファン(n=3-5)との単核π-アレーン錯体を合成し、その酸化還元的性質を調べた。次に、[3_4](1,2,4,5)シクロファンを配位子とするRu(II)の二核錯体を合成して混合原子価錯体に変換した。現在、その単結晶の伝導性を調べている。また、多架橋[3_n]シクロファン(n=3-6)とTCNQとの電荷移動錯体の結晶構造を明らかにし、錯体の単結晶の伝導性を調べた所、半導体と絶縁体の中間の値を示した。これはドナーとアクセプターが交互に重なり合った構造のためであると考えられる。 この他、[3.3]シクロファン-2,11-ジオンの光脱一酸化炭素反応による[2.2]-および[3.2]シクロファン類の新規合成法や、炭酸塩存在下にアザシクロファンとトシレートを反応させる二酸化炭素挿入反応も開発した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
4nπ系の渡環π-π相互作用 by 稲津 孝彦; INAZU Takahiko; 新名主 輝男
3.
4nπ系の渡環π-π相互作用 by 稲津 孝彦; INAZU Takahiko; 新名主 輝男