交差イオンビーム法による正負イオン再結合反応に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

交差イオンビーム法による正負イオン再結合反応に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
RESEARCH ON RECOMBINATION REACTIONS BETWEEN POSITIVE AND NEGATIVE IONS BY USING A CROSSED ION-BEAM METHOD
責任表示:
辻 正治(九州大学・機能物質科学研究所・助教授)
TSUJI Masaharu(九州大学・機能物質科学研究所・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-2000
概要(最新報告):
正負イオンの交差イオンビーム装置を試作し、下記の中和反応によるエキシマーの生成過程を研究した。 Ar^+(^2P_<1/2,3/2>)+SF_6^-→ArF(B,C,D)+SF_5 (1) Kr^+(^2P_<1/2>)+C_6F_5Cl^-→KrCl(B,D)+C_6F_5 (2a) Kr^+(^2P_<3/2>)+C_6F_5Cl^-→KrCl(B,C)+C_6F_5 (2b) Ar^+(^2P_<1/2,3/2>)/SF_6^-反応ではArF(B-X,C-A)エキシマー発光、Kr^+(^2P_<1/2,3/2>)/C_6F_5Cl^-反応ではKrCl(B-X,C-A,D-X)エキシマー発光が観測された。Ar^+の二つのスピン-軌道状態の寄与を調べるためにN_2をArに添加して、Ar^+(^2P_<1/2>)状態を除いてもArF(B-X,C-A)エキシマー発光は変化しなかった。よってAr^+(^2P_<1/2>)/SF_6^-反応は全くエキシマーを生成しないか、Ar^+(^2P_<3/2>)/SF_6^-と同一のエキシマーを生成すると考えられる。反応(2)において各KrCl^*エキシマー状態の生成分岐比は、Kr^+(^2P_<1/2>)/C_6F_5Cl^-反応ではB:C:D=0.05:0.00:0.95で、Kr^+(^2P_<3/2>)/C_6F_5Cl^-反応ではB:C:D=0.71:0.29:0.00であった。両反応とも10^<-3>Torr程度の低圧でもC状態の生成分岐比は小さく、1Torr程度の放電フロー中でエキシマーのC状態の生成比が小さいのは、C状態の発光寿命が長いための衝突緩和によるものではなく、正負イオン再結合反応の本質的な特徴であることが示された。 また正負イオン再結合反応のダイナミックスに関する詳細な知見を得るために、He_2^+/C_6F_6^-中和反応の反応経路をab initio分子軌道計算により求めた。 本研究の予備実験で、偶然、多くの希ガスヘテロダイマー・トリマーイオンの発光を発見するという予期せぬ顕著な研究成果も得られた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
電子・イオンビーム工学 by 高木, 俊宜; 電気学会
9
イオンビーム技術の開発 by イオンビーム応用技術編集委員会
4
イオンビーム工学 : イオン・固体相互作用編 by 藤本, 文範; 小牧, 研一郎
11
二次イオン質量分析法 by 日本表面科学会
12
表面分析:SIMS : 二次イオン質量分析法の基礎と応用 by Briggs, D.; Seah, M. P.; 志水, 隆一; 二瓶, 好正; 新SIMS研究会
4.
イオンビーム工学 : イオン・固体相互作用編 by 藤本, 文範; 小牧, 研一郎
8.
電子・イオンビーム工学 by 高木, 俊宜; 電気学会
9.
イオンビーム技術の開発 by イオンビーム応用技術編集委員会
11.
二次イオン質量分析法 by 日本表面科学会
12.
表面分析:SIMS : 二次イオン質量分析法の基礎と応用 by Briggs, D.; Seah, M. P.; 志水, 隆一; 二瓶, 好正; 新SIMS研究会