Selberg型積分の多角的研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

Selberg型積分の多角的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Many-Sided study of Selberg type integrals
責任表示:
金子 譲一(九州大学・大学院・数理学研究科・助教授)
KANEKO Jyoichi(九州大学・大学院・数理学研究科・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
本研究では、(変型)Selberg型積分と付随するtwisted(co-)homology群の構造および積分の満たすホロノミック系について主に研究を行った。多項式のべき積の積分をtwisted homologyとtwisted cohomologyとのdual paringと考える立場からは、これらの空間の基底をできるだけ具体的に構成する事が最初に問題となる。我々は変形Selberg型積分の場合に、実際に基底を構成した。これらは、Falk-寺尾によるβ-nbc basisによる基底の一例にもなっている。また関連したGauss-Manin系も陽に計算した。これらの計算と平行して、Selberg型積分に関する青本の結果も我々の立場から別証明が出来た(Duke Math.J.)。我々の変型selberg型積分はまた、Gelfand-Kapranov-ZelevinskyによるいわゆるA-超幾何関数の一例でもある。この立場から彼等のA-超幾何イデアルの諸性質について、そのCohen-Macaulay性、基底の構成等について具体的な予想を立てて、現在研究を進めている。これらの予想が正しければ、陽な計算で様々な量が決定されうる、古典的なLauricellaの超幾何関数F_D以外の極めてまれな例が得られたことになる。一方本来のSelberg積分について、そのある種の一般化が、やはりΓ関数の積で表示されるというForresterの予想について研究を行い、Jack多項式の積分公式を用いて部分的解答を得た。これはContemporary Mathematics(AMS)に掲載予定である。この研究は、予想の完全な解決を目指して現在も続行中である(Dunkl operatorを用いるアプローチが有効と考える)。 分担者風間は、高山茂晴(大阪大学)との共同研究で、weakly 1-complete多様体における∂∂-問題についての中野茂男の長年の予想を否定的に解決した(Nagoya Math.J.発表予定)。またさらに複素リー群において関連する問題を考察した(Nanoya Math.J.発表予定)。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
Selberg積分と超幾何関数 by 金子 譲一
2
解析的線型微分方程式の幾何的研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki
3
超幾何関数の研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki
9
多角的法律関係の研究 by 椿, 寿夫; 中舎, 寛樹
4
q-Selberg積分の研究 by 金子 譲一
5
超幾何関数の研究 by 吉田 正章
11
確率振動積分の漸近挙動の研究 by 谷口 説男; TANIGUCHI Setsuo
6
数学のさらなる可能性の追求 by 吉川 敦; YOSHIKAWA Atsushi
12
超幾何関数の多角的研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki
2.
解析的線型微分方程式の幾何的研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki
3.
超幾何関数の研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki
4.
q-Selberg積分の研究 by 金子 譲一
5.
超幾何関数の研究 by 吉田 正章
6.
数学のさらなる可能性の追求 by 吉川 敦; YOSHIKAWA Atsushi
7.
Selberg積分と超幾何関数 by 金子 譲一
8.
Selberg型積分の多角的研究 by 金子, 譲一
9.
多角的法律関係の研究 by 椿, 寿夫; 中舎, 寛樹
11.
確率振動積分の漸近挙動の研究 by 谷口 説男; TANIGUCHI Setsuo
12.
超幾何関数の多角的研究 by 吉田 正章; YOSHIDA Masaaki