統合化過程のヨーロッパにおけるEUの異文化間教育政策に関する研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

統合化過程のヨーロッパにおけるEUの異文化間教育政策に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
吉谷 武志(九州大学・大学院・人間環境学研究科・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1999
概要(最新報告):
本研究は、EUが実施してきた教育計画(事業)を、多文化間・異文化間の共生への試みとして、すなわち異文化間教育(政策)研究という視点によって検討し、その現状と課題を明らかにすること試みてきた。その中で、今日、いよいよ統合が現実の段階に入りつつあるEUでは共通教育政策において「異文化間教育(Intercultural Education)」という考え方が重要な役割を持つつつあるということが明らかになった。 具体的には以下のような変化が重要である。すなわち、 1.異文化間教育は当初、ヨーロッパ域外からの移民や外国人の子どもを対象とするマイノリティの教育として出発したが、統合の進捗により域内各国の他国に在住する子どもたちへの教育の提供という課題、さらにそうした外部からの移動者とその子どもたちを受け入れる各国「国民」に教育をも課題とするまでに広がりをもつようになってきたこと。 2.この過程で、異文化間教育がEUの進める共通教育政策の単なる「一部」をなすものという位置から、EUの教育政策そのものの原理になりつつあるということ。 3.今後、共通政策の原理としての異文化間教育という考え方が、各加盟国の個別的な教育政策との間で、どのような調整のもとに実践化されていくのかが現実の問題となりつつあること。 4.また、こうした異文化間教育はその課題として、域内の歴史的・言語的・地域的マイノリティであるジプシー/ロマ、職業旅行者、非定住者の教育問題についてもその視野に入れて、共通政策を策定しよとしていること、などである。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
外国人子女教育に関する総合的比較研究 by 江淵 一公; EBUCHI Kazuhiro
2
異文化間教育の体系化に関する基礎的研究 by 江淵 一公; EBUCHI Kazuhiro; 吉谷 武志; YOSHITANI Takeshi
8
異文化間教育のフロンティア by 佐藤, 郡衛; 横田, 雅弘; 坪井, 健; 異文化間教育学会
3
フランスにおける異文化間教育に関する研究 by 吉谷 武志; YOSHITANI Takeshi
9
異文化間に学ぶ「ひと」の教育 by 小島, 勝; 白土, 悟; 斎藤, ひろみ; 異文化間教育学会
10
異文化間教育のとらえ直し by 山本, 雅代; 馬渕, 仁; 塘, 利枝子; 異文化間教育学会
6
わが国における外国人児童生徒の文化的適応と教育に関する調査研究 by 稲葉 継雄; INABA Tsuguo; 江淵 一公; EBUCHI Kazuhiro
2.
異文化間教育の体系化に関する基礎的研究 by 江淵 一公; EBUCHI Kazuhiro; 吉谷 武志; YOSHITANI Takeshi
3.
フランスにおける異文化間教育に関する研究 by 吉谷 武志; YOSHITANI Takeshi
6.
わが国における外国人児童生徒の文化的適応と教育に関する調査研究 by 稲葉 継雄; INABA Tsuguo; 江淵 一公; EBUCHI Kazuhiro
7.
外国人子女教育に関する総合的比較研究 by 江淵 一公; EBUCHI Kazuhiro
8.
異文化間教育のフロンティア by 佐藤, 郡衛; 横田, 雅弘; 坪井, 健; 異文化間教育学会
9.
異文化間に学ぶ「ひと」の教育 by 小島, 勝; 白土, 悟; 斎藤, ひろみ; 異文化間教育学会
10.
異文化間教育のとらえ直し by 山本, 雅代; 馬渕, 仁; 塘, 利枝子; 異文化間教育学会