おいしさを定量化する感性化学センサに関する研究

閲覧数: 13
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしさを定量化する感性化学センサに関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of Chemical Sensing System for Quantifying Deliciousness
責任表示:
都甲 潔(九州大学・大学院・システム情報科学研究科・教授)
TOKO Kiyoshi(九州大学・大学院・システム情報科学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
食品のおいしさは、味覚や嗅覚のみならず、テクスチャー(触覚)や見た目にも多大な影響を受ける。触覚や視覚を代行するセンサは既に存在するため、これらから生じる感性を物理的データを用いて表現することは可能である。それに対して、味覚や嗅覚から生じる感性を信頼できる客観的データを用いて表現することはこれまで全く不可能であった。 本研究では、以上の背景をふまえ、味覚センサを用いて"おいしさ"という感性を客観的、物理化学的要素に翻訳し、具体的に定量化することを目指した。 脂質膜を利用していた現有の味覚センサは酸味、塩味、苦味そして"うま味"に非常に高感度で応答するものの、甘味には比較的感度が鈍い。牛乳のおいしさを構成する一つの要因は甘味であるため、この点の改良が是非とも必要である。そこで生体における糖受容タンパク質であるレクチンを脂質膜に混入させることを試みた。 加熱処理時間、処理温度、ホモジナイズ圧力の異なるサンプルを準備し、官能検査を実行し、おいしさ、こく、酸味、甘味等のデータを得た。次に現有設備を用いてタンパク質変性量と脂肪球分布(サイズ、広がり)を測り、また申請備品である電気伝導度計と屈折率計を用いて牛乳の電気伝導度と屈折率を測った。まずこれら官能表現、分析値の間の相関を取り、クラスター分析などを行い、各量の類似度、独立性を評価した。さらに、味覚センサを用いて測定を行い、センサ出力とこれらの量全てとの相関を調べた。結果として、味覚センサの出力は他の手段で得られた各種物理化学量と高い相関があることが見いだされた。以上、食品のおいしさを定量化する感性化学センサの実現に向けて大きく前進することができた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
感性バイオセンサの開発 by 都甲 潔; TOKO Kiyoshi
9
味覚センサによる工場排水中のシアン化物の濃度推定 by 谷口, 晃; Taniguchi, Akira; 内藤, 悦伸; Naito, Yoshinobu; 前田, 紀寛; Maeda, Norihito; 佐藤, 勇治; Sato, …
10
味覚センサを用いたビールの後味の高感度検出 by 安達, 利昭; Adachi, Toshiaki; 都甲, 潔; Toko, Kiyoshi
11
シリコーンゴムを支持材とした味覚センサ用脂質膜の開発 by 田中, 健; Tanaka, Ken; 岩倉, 宗弘; Iwakura, Munehiro; 都甲, 潔; Toko, Kiyoshi
12
味覚センサによるビールの識別と泡の評価 by 岩倉, 宗弘; Iwakura, Munehiro; 安達, 利昭; Adachi, Toshiaki; 都甲, 潔; Toko, Kiyoshi
8.
感性バイオセンサの開発 by 都甲 潔; TOKO Kiyoshi
9.
味覚センサによる工場排水中のシアン化物の濃度推定 by 谷口, 晃; Taniguchi, Akira; 内藤, 悦伸; Naito, Yoshinobu; 前田, 紀寛; Maeda, Norihito; 佐藤, 勇治; Sato, …
10.
味覚センサを用いたビールの後味の高感度検出 by 安達, 利昭; Adachi, Toshiaki; 都甲, 潔; Toko, Kiyoshi
11.
シリコーンゴムを支持材とした味覚センサ用脂質膜の開発 by 田中, 健; Tanaka, Ken; 岩倉, 宗弘; Iwakura, Munehiro; 都甲, 潔; Toko, Kiyoshi
12.
味覚センサによるビールの識別と泡の評価 by 岩倉, 宗弘; Iwakura, Munehiro; 安達, 利昭; Adachi, Toshiaki; 都甲, 潔; Toko, Kiyoshi