ギランバレー症候群を誘発するカンピロバクター・ジェジュニの病原因子の検索

閲覧数: 87
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ギランバレー症候群を誘発するカンピロバクター・ジェジュニの病原因子の検索

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
藤本 秀士(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
Campylobacter jejuni(C.jejuni)腸炎の合併症としてGillain-Barre症候群(GBS)がおきることが報告されている。日本におけるGBS患者由来のC.jejuni菌株は、散発性腸炎では稀な血清型であるO19型が多いことが知られている。5種類のレクチンを用いたレクチン型別においては、O19型C.ejuni菌株のうち、GBS患者由来菌株と非GBS患者由来株との有意差が報告されていた。今回、O19型のGBS患者由来菌株、非GBS患者由来菌株のレクチン型別を、ELISAプレート法、スライド凝集法の両方で調べた。被検菌株はGBS患者由来株6株を含むO19型菌株12株とO1群9株、O2群9株である。レクチンはWGA,STA,PNA,BPA,WFAを使用した。その結果、O1群、O2群では、同一血清型(O,LIO)の菌株においても、レクチン型にバリエーションが認められた。それに対して、O19型では、12株すべてが同一であった。さらに、O19型菌株については、異なる条件下で検討したが、GBS患者由来菌株、非GBS患者由来菌株には有意差は認められなかった。この結果は、O19菌株のclonalityの高さを示すものと考えられ、これまでの遺伝子解析(flaAtyping,Randum Amplyfied Polymorphic DNA)の結果とも一致するものである。これらの事から、O19型菌株は、GBSを誘発する未知の遺伝子を保持し続けている可能性が高いと考えられ、本血清型菌株の遺伝子配列の決定が、本神経疾患の病因解明に必要不可欠と考えれれた。 続きを見る
本文を見る

類似資料: