IL-10.IL-4の単球・好中球に対する抗炎症効果発現の分子機構

閲覧数: 18
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

IL-10.IL-4の単球・好中球に対する抗炎症効果発現の分子機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Molecular analysis of anti-inflammatory effect of IL-10 and IL-4 on monocytes and neutrophils.
責任表示:
大塚 毅(九州大学・医学部・助手)
OTSUKA Takeshi(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
1. IL-10とIL-4は単球・マクロファージさらには好中球を標的として多彩な向炎症性物質産生を抑制し抗炎症作用を発揮することを明らかにした。とくに、シクロオキシゲナーゼ(COX)活性とプロスタノイド産生を観察し、両サイトカインの作用機構を細胞内シグナル伝達の系を通して明らかにした。 2. 単球・マクロファージならびに好中球の活性化におけるMAPキナーゼ(MAPK)の同定と機能発現への関与 (1) LPSによる活性化にて、MAPK中のERK2とP38MAPKのリン酸化ならびにキナーゼ活性が上昇した。 (2) サイトカインとプロスタノイド産生においてこれらのMAPKの活性化が関与していることが判明した。 (3) IL-10とIL-4によるMAPK活性化への異なる制御機構が判明した。 3. ヒト単球に対するLPS刺激時にはSTAT5が活性化され、GM-CSF遺伝子発現などの関連している。 IL-10はSTAT5を抑制することによって、COX-2遺伝子発現を制御している可能性がある。 4. RA患者の好中球における機能変化 (1) RA患者において末梢血ならびに関節液中の好中球からのサイトカインならびにプロスタノイド産生が健常人に比べて増強していることが判明した。 (2) その機能発現にMAPK経路の関与が示唆された。 5. IL-10等のサイトカインのシグナル伝達系が疾患発症の感受性に影響する可能性を今後検索していくために、RT-PCR-RFLPによる多型解析を行い、実験系を確立した。現在、自己免疫疾患を中心に解析し興味ある結果が得られてきた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
腫瘍免疫におけるIL-4 by 野川, 斉一; Nogawa, Seiichi
8.
腫瘍免疫におけるIL-4 by 野川, 斉一; Nogawa, Seiichi