造血幹細胞からの樹状細胞分化と造血器腫瘍に対する腫瘍免疫療法の確立

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

造血幹細胞からの樹状細胞分化と造血器腫瘍に対する腫瘍免疫療法の確立

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Differentiation of dendritic cells and their use for tumor immunology
責任表示:
大塚 輝久(九州大学・医学部・講師)
OTSUKA Teruhisa(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1999
概要(最新報告):
まず、我々はrhGM-CSF、rhIL-4、rhTNF-alfaを用いて末梢血単核球由来付着細胞より樹状細胞の誘発に成功した。10日後、これらの培養細胞は成熟単球由来樹状細胞の表面マーカーを持ち、一次、二次免疫応答を誘導できることが確認できた。次に、この単球由来樹状細胞を用いて、急性骨髄性白血病の腫瘍抗原の同定を試みた。最も予後良好群とされる8;21転座を持つ急性骨髄性白血病患者は、長期寛解例にも、微少残存病変(AML1/MTG8融合遺伝子)の存在が確認されるが、その意義は明らかではない。この様な寛解例には、AML1/MTG8融合蛋白に対する特異的な免疫機構が存在する可能性がある.既にAML1/MTG8融合遺伝子陽性白血病患者のMTG8BTAF110領域蛋白に対する抗MTG8抗体の存在が報告されている.MTG8b由来のpeptideを用い特異的細胞障害性T細胞株の誘導を自己単球由来樹状細胞を使い,健常人より試みた.HLA-A0201拘束性MTG8baa182-191特異的細胞障害性T細胞株が3株誘導できた。Vβ14、15とVα17を主に使用し、CDR3領域のJβ使用も、主にJβ2.1、2.3に限定されていた.PCR-SSCPにより,oligocloneであることが,判明した.t(8;21)陽性白血病細胞に高発現するMTG8蛋白が,腫瘍抗原の一つとなりうる可能性があると考えられた.更に、「クリオグロブリン血症に対する自己単球由来樹状細胞を用いた免疫療法」が,当院倫理委員会にて,承認されたため,患者,家族に,十分なインフォームドコンセントを行い,同治療を施行した.クリオグロブリンは簡便に冷却洗浄にて,精製できるため,これを腫瘍抗原として用いた.重篤な副作用は無く,一時的ではあるが,患者の肢端チアノーゼは改善し、クリオグロブリン特異的免疫反応を確認した. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
樹状細胞を用いた抗腫瘍免疫療法 : 現状と将来 by 岡野, 慎士; Okano, Shinji; 米満, 吉和; Yonemitsu, Yoshikazu; 居石, 克夫; Sueishi, Katsuo
8.
樹状細胞を用いた抗腫瘍免疫療法 : 現状と将来 by 岡野, 慎士; Okano, Shinji; 米満, 吉和; Yonemitsu, Yoshikazu; 居石, 克夫; Sueishi, Katsuo