血管平滑筋細胞に存在する伸展感受性チャンネルの生理特性とその液性因子による調節

閲覧数: 29
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

血管平滑筋細胞に存在する伸展感受性チャンネルの生理特性とその液性因子による調節

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Stretch-Activated Channels in Vascular Smooth Muslce Cells.
責任表示:
大屋 祐輔(九州大学・医学部・助手)
OHYA Yusuke(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
伸展刺激により開口するイオンチャンネルが、血管平滑筋の細胞膜に存在することをパッチクランプ法を用いて証明した。このチャンネルは、機械的刺激に応答して開口し、カルシウムやナトリウムを通過させた。このチャンネルは細胞内のカルシウムやナトリウム濃度変化や膜電位変化を介して、機械的刺激に対する細胞反応の開始に寄与すると考えられた。また、ガドリニウムはこのチャンネルを抑制したが、同様な濃度でL型カルシウムチャンネルも抑制した。よって、ガドリニウムは平滑筋においては伸展感受性チャンネルの特異的阻害薬ではないと考えられた。 液性因子による調節では、Lysophsphatidic acidや一酸化窒素の存在により伸展感受性チャンネルの開口が増加する反応がみられ、現在この詳細を検討中である。 高血圧の病態で血管平滑筋の興奮性が亢進している。この興奮性の亢進には、電気活動の亢進、すなわち静止膜電位の脱分極とカルシウム依存性の自発電気活動が関連している。また、高血圧自然発症ラット(SHR)の血管では正常血圧コントロールであるWKYに比較して、機械的刺激に対する反応が亢進している。われわれは、SHRの血管平滑筋では伸展感受性チャンネルの開口がWKYに比較し亢進していることを報告した。このチャンネルの開口亢進はSHR血管の機械的刺激に対する反応亢進に関連すると考えられた。 続きを見る
本文を見る

類似資料: