G型肝炎ウイルスの遺伝子変異検出とその病態との関連についての検討

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

G型肝炎ウイルスの遺伝子変異検出とその病態との関連についての検討

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Detection of HGV mutation and pathological relation
責任表示:
林 純(九州大学・医学部・助教授)
HAYASHI Jun(九州大学・医学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1999
概要(最新報告):
一般住民、血液透析患者および特殊浴場女性従業員におけるG型肝炎ウイルス(HGV)の感染を、HGVの表面マーカーであるE2抗体およびHGVRNAで検討した。いずれかのマーカーが陽性であったHGV感染例は、一般住民298例中、10.7%、血液透析患者225例中、10.7%、特殊浴場女性従業員234例中、24.8%であった(Dig Dis Sci 45,2000、Dig Dis Sci 44,1999)。HGVの持続感染率(キャリア化率)は21.7%で、C型肝炎ウイルス(HCV)の83.2%より低率で、B型肝炎ウイルス(HBV)の5.3%より高率であった(Dig Dis Sci 45,2000)。透析患者におけるHGVRNA陽性率は輸血回数だけでなく透析期間とも関連しており、継続調査から輸血歴もなくHGVに感染し、キャリア化した例もみられた(Dig Dis Sci 43,1998)。特殊浴場女性従業員でのHGV感染率は一般住民女性より高率であり、就業期間と正の相関を示すことから、HGV感染は性感染症の一つであると考えられた(日性感染症誌9,1998、Dig Dis Sci 44,1999)。また、HGVRNA陽性例の65.1%はHCVRNAも陽性であったことから(Dig Dis Sci 43,1998)、HGVの感染経路はHCVと類似しているものと推測された。C型慢性肝疾患患者247例におけるHGVRNA陽性率は全体では8.9%で、慢性非活動性肝炎では7.7%、慢性活動性肝炎では10.6%、肝硬変では7.7%、肝癌では8.2%であった。HGVの重複感染は肝臓病の進行と関連はなく、また、C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法の効果にも影響を及ぼさなかった(Dig Dis Sci 44,1999)。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
C型肝炎ウイルスの疫学的・臨床的研究 by 林, 純; 古庄, 憲浩; Hayashi, Jun; Furusho, Norihiro
9
薬害肝炎裁判史 by 薬害肝炎全国弁護団
3.
C型肝炎ウイルスの疫学的・臨床的研究 by 林, 純; 古庄, 憲浩; Hayashi, Jun; Furusho, Norihiro
9.
薬害肝炎裁判史 by 薬害肝炎全国弁護団