孵化直後のニワトリヒナ脳内における摂食調節機構解明

閲覧数: 57
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

孵化直後のニワトリヒナ脳内における摂食調節機構解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Studies on the regulator of food intake in the neonatal chick
責任表示:
古瀬 充宏(九州大学・農学部・助教授)
FURUSE Mitsuhiro(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
グルカゴン様ペプチド-1(glucagon-like peptide-1,GLP-1)は、消化管と視床下部での存在が明らかにされた脳腸ペプチドである。近年、絶食させたラットの脳室にGLP-1を投与すると摂食行動の強い抑制が起こることが報告された。これまでに調べられている哺乳類のGLP-1のアミノ酸配列は同一であるが、ニワトリのGLP-1(7-36)のアミノ酸配列は哺乳類と4箇所で異なることが知られいる。そこでニワトリにおいてもGLP-1が同様に摂食行動に関与するかどうかについて調査した。実験はすべて2日齢のブロイラーヒナを用いて行い、脳室投与後2時間の摂食量を測定した。哺乳類およびニワトリGLP-1は用量依存的に摂食を抑制させるが、両者の効果に差は認められなかった。絶食時間の長さに関わらず、またneuropeptide Y(NPY)による摂食量の亢進に対してもニワトリGLP-1はヒナの摂食量を低下させた。次にGLP-1による摂食や飲水行動の抑制にcorticotropin releasing factor (CRF)が関与しているかどうかについて調査した。ニワトリ脳室内にCRFを投与し、その後の摂食量を測定した。またCRFとGLP-1を投与した後の血漿コルチコステロン濃度の変化について調査した。CRFの用量に依存し、ヒナの摂食量は減少した。摂食量を抑制する水準のCRFを投与すると、血漿コルチコステロン濃度は有意に上昇するが、同じく摂食を抑制する水準のGLP-1を投与しても血漿コルチコステロン濃度の上昇は認められなかった。GLP-1のC末端側の数個のアミノ酸を欠落させると、摂食に対する効果が低下することが明らかになると共に、哺乳動物ではGLP-1の拮抗薬として働くエキセンディン(9-39)が鳥類においては無効であることも証明した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
幼雛期における体温調節メカニズムの解明 by 古瀬 充宏; FURUSE Mitsuhiro
11
Intracerebroventricular injection of L-proline and D-proline induces sedative and hypnotic effects by different mechanisms under an acute stressful condition in &hellip by Hamasu, Kousuke; Shigemi, Kazutaka; Tsuneyoshi, Yousuke; Yamane, Haruka; Sato, Hiroyuki; Denbow, D.Michael; Furuse, …
4.
幼雛期における体温調節メカニズムの解明 by 古瀬 充宏; FURUSE Mitsuhiro
11.
Intracerebroventricular injection of L-proline and D-proline induces sedative and hypnotic effects by different mechanisms under an acute stressful condition in &hellip by Hamasu, Kousuke; Shigemi, Kazutaka; Tsuneyoshi, Yousuke; Yamane, Haruka; Sato, Hiroyuki; Denbow, D.Michael; Furuse, …