シイタケ菌床栽培に適した菌株の育種と遺伝子に関する研究

閲覧数: 15
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

シイタケ菌床栽培に適した菌株の育種と遺伝子に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Breeding and Gene Manipulation for the Sawdust-Based Cultivation of Lentinula edodes
責任表示:
大賀 祥治(九州大学・農学部・助教授)
OHGA Shoji(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1999
概要(最新報告):
シイタケ菌床での子実体発生に関わるラッカーゼ、セルラーゼのmRNAの消長を追跡した。 (実験) 1.シイタケ菌の品種は、12種類のものを検討した。KS-3、-4、-16、-23、-46、-56、-58、-60、-67、-76(周年栽培品種)、KS-12、-24(低音性品種) 2.菌床の調整は定法どおりに行った。菌床での培養齢を菌糸蔓延(90日)、菌糸集合(94日)、幼子実体(98日)、子実体成長(100日)、菌傘開(102日)、老成(104日)、2回目発生(140日)の7段階に分け、各段階でのラッカーゼ、セルラーゼ活性を測定した。 3.2回目発生前の浸水条件を変えて、異なる水分環境の培地を調製した。水分環境は水ポテンシャルで評価した。 4.2で7段階に分けた、それぞれの菌床からmRNAの発現についてRT-PCR法で検討した。 (結果) ラッカーゼとセルラーゼ活性は,子実体形成と明確な関係があることが明らかになった.ラッカーゼとセルラーゼ活性は,遺伝子転写のレベルで制御されている.ラッカーゼのmRNAのレベルは,コロニー形成の完成段階で最高になり,子実体形成期間に減少した.セルラーゼのmRNAは,原基形成段階に蓄積され始めた.セルラーゼのmRNAの転写は,子実体形成の開傘時に最高に発現された.この傾向は,子実体不形成の低温性品種に比較して,周年性品種の菌床において,より明らかであった.ラッカーゼとセルラーゼの転写は菌床の水分条件によっても影響を受けた.子実体原基の形成開始は,菌糸による急速なmRNA転写のための、培地水ポテンシャルが高い時に起きた. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
マツタケ子実体発生におよぼす核酸関連物質の効果 by 大賀, 祥治; 具, 昌徳; 金, 載水[他]; Oga, Shoji; Koo, C-D.; Kim, J-S.
11
Performance of Vegetative Growth and Artificial Fruit Body Formation of Hypsizygus marmoreus in Bangladesh by Imtiaj, Ahmed; Sultana, Sharmin; Hossain, Jakir; Rahman, Syed Ajijur; Ohga, Shoji; 大賀, 祥治; Oga, Shoji
12
キノコの生育と栽培 by 大賀, 祥治; Oga, Shoji
4.
マツタケ子実体発生におよぼす核酸関連物質の効果 by 大賀, 祥治; 具, 昌徳; 金, 載水[他]; Oga, Shoji; Koo, C-D.; Kim, J-S.
11.
Performance of Vegetative Growth and Artificial Fruit Body Formation of Hypsizygus marmoreus in Bangladesh by Imtiaj, Ahmed; Sultana, Sharmin; Hossain, Jakir; Rahman, Syed Ajijur; Ohga, Shoji; 大賀, 祥治; Oga, Shoji
12.
キノコの生育と栽培 by 大賀, 祥治; Oga, Shoji