粘性非圧縮流体の運動方程式

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

粘性非圧縮流体の運動方程式

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
The Equations for the Motion of Viscous Incompressible Fluids
責任表示:
加藤 久子(九州大学・大学院・数理学研究科・教授)
KATO Hisako(九州大学・大学院・数理学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
研究代表者(加藤)の主要な研究方向は,3次元空間の有界領域におけるNavier-Stokes方程式に対する初期境界値問題および周期解問題である.初期境界値問題に対して時間的に大域的な一意解の存在問題は今尚未解決のままである.代表者は,Navier-Stokes方程式の解の「時間大域的存在」と「速度勾配」との間に深い関係があることに注目し,新しい方程式:「‘non-Newtonian'を伴うNavier-Stokes方程式」を思い付いた.この方程式を手がかりに ●任意に与えられた初速度(大きさの制限はない)からスタートしたNavier-Stokes方程式を満足する解は,その速度勾配が大きくなる時‘blow up'しないで、non-Newtonian方程式を満足するように自然に切り替わって無限時間にわたって存在し続ける,しかも時間が十分経ったある時点からは,ずっとNavier-Stokes方程式を満足する,そのような解の存在を証明した(文献Kato[2],[3]).上で構成した解が,t→∞に対して定常解に近づいていくことを調べた(文献Kato[4]).今後,任意のKに対して,速度勾配がKに等しいような初速度関数で,しかも「Temamの条件」を満たさない程度に大きい初速度に対する「時間大域的強解」の存在証明を目標としている. 周期解問題に対しては, ●「外力」に大きさの制限をcriticalなもので与え(現在のところではbestだと思う),Navier-Stokes方程式に対するperiodic solutionの存在を証明した(文献Kato[1]). 研究分担者は,非線形波動方程式のエネルギー減衰問題および大域解の存在問題を研究した.後者については精密なエネルギー減衰評価を応用する形の問題を考察した.外部問題の局所エネルギーの減衰問題についても興味深い事実を証明した(文献Nakao[1]-[6]).また,多変量正規分布における平均の信頼領域を2段階法を用いて構成し,その漸近的性質について考察した(文献Hyakutake[1],[2]). 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
非線形波動方程式の安定化問題 by 中尾 填宏; NAKAO Mitsuhiro
3
流れの非線形挙動の研究 by 種子田 定俊; TANEDA Sadatoshi
12
非圧縮性粘性流体の数理解析 by 菱田, 俊明; 柴田, 良弘; 清水, 扇丈; 京都大学数理解析研究所
2.
非線形波動方程式の安定化問題 by 中尾 填宏; NAKAO Mitsuhiro
3.
流れの非線形挙動の研究 by 種子田 定俊; TANEDA Sadatoshi
8.
NavierーStokes方程式の研究 by 加藤 久子
12.
非圧縮性粘性流体の数理解析 by 菱田, 俊明; 柴田, 良弘; 清水, 扇丈; 京都大学数理解析研究所