次世代型波浪予報モデルの開発研究

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代型波浪予報モデルの開発研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Research and development of wave-forecasting models of the next generation
責任表示:
増田 章(九州大学・応用力学研究所・教授)
MASUDA Akira(九州大学・応用力学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1999
概要(最新報告):
本研究の主要な成果は以下のように大別できる。 (A)波浪予報技術の開発 1.本研究で開発しているRIAM模型とWAM模型やそのほか模型との比較 2.有限水深における非線形エネルギー伝達関数の計算法の開発 3.スペクトル平衡方程式における放射項の数値処理手順の開発と試験 (B)波浪予報に関連する波浪現象の研究 1.津屋崎沖と日本海の波浪データに関する統計 2.砕波、とくにそのエネルギー再分配機能に関する実験的研究 3.非線形分散関係と平衡領域波浪スペクトル 特筆すべき結果を選べば以下の三つになる。 1)有限水深における非線形伝達関数を計算する方法を開発した。この方法はMasuda(1980)やKomatsu and Masuda(1996)の手法を基本的に踏襲している。 新しく開発した方法は粗い分解能で滑らかな計算結果を得ることができ、数ある有限水深域計算法の中で、最も信頼性が高く汎用性に富む手法の一つである。 (2)従来、砕波はエネルギーを散逸させると考えられていた。しかし、本研究で行った水槽実験によれば、際波はエネルギーを散逸させるだけでなく成分波間にエネルギーを再配分する役割を有することが分かった。しかもその再配分の様子は非線形伝達によるエネルギー配分の様子とよく似ている。これは今後の波浪予報に組み込む必要がある重要な現象である。 (3)日本海における波長期波浪データを解析したところ、有義波高に上限値が存在すること、その上限は一定波形勾配という意味を持つことが分かった。また、数日から数時間の周期帯で有義波高と有義周期のいずれも-5/3乗型スペクトル形を有することが分かった。この二つの発見は、有義波の変動に不思議な深い法則とWAM法性があることを強く示唆する。 続きを見る
本文を見る

類似資料: