不完備情報の社会資本割り当てモデルにおける学習プロセスに関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

不完備情報の社会資本割り当てモデルにおける学習プロセスに関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A study on a learning procedure concerning an assignment problem of a social capityal with incomplete information
責任表示:
中井 達(九州大学・経済学部・教授)
NAKAI Toru(九州大学・経済学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
平成9年度の研究では、不完備情報の社会経済システムに対して、動的決定モデルの理論がどのように応用できるかを考えた。そのために、これまで得られた結果を整理統合するとともに、関連する文献を収集・整理することに重点をおいた。また、社会経済システムに対する決定問題を、多段検定の問題としてとらえ数理モデル的に分析するとともに、基礎的性質についての検討を試みた。 平成10年度の研究では、前年度に引き続き不完備情報の社会経済システムに対して、動的決定モデルの理論がどのように応用できるかを考えた。また、理論的な研究についても、さまざまな角度から理論を深化させ、基礎的事項についていろいろ検討し改善・発展させることを試みた。 この研究では、不完備情報の社会経済システムに対して、動的決定モデルの理論がどのように応用できるかを考え、確率的な動的決定モデルとして定式化することを試みた。この結果、基本的には動的決定モデルを応用する可能性があるとの見通しが得られた。また、不完備情報の動的決定モデルとして定式化するための条件をはじめ、基礎的理論についてさらに有効な手段を提供する可能性があるとの見通しも得られている。 これまでの研究で得られた結果について、日本オペレーションズリサーチ学会、経営情報学会、電気情報通信学会、情報処理学会、The Fourth Conference of the Association of Asian-Pacific Operational Research Societies、OR 98(International Conference on Operations Research)、1998 International Symposium on Nonlinear Theory and Applicationsなどの内外の学会・研究会・国際会議等の機会をとらえて公表し、これらの発表とあわせて研究論文の形で公刊してきた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
翻訳文法のための構文解析手法 by 柴田, 雅博; Shibata, Masahiro; 日高, 達; Hitaka, Toru; 冨浦, 洋一; Tomiura, Yoichi
5
線図形画像直接構造解析法の高度化 by 迫江 博昭; SAKOE Hirbaki
11
情報量概念を基盤とした学習理論の展開 by 竹内 純一; TAKEUCHI Junichi
6
2次元パターンのワープ法に関する研究 by 迫江 博昭; SAKOE Hiroaki
4.
翻訳文法のための構文解析手法 by 柴田, 雅博; Shibata, Masahiro; 日高, 達; Hitaka, Toru; 冨浦, 洋一; Tomiura, Yoichi
5.
線図形画像直接構造解析法の高度化 by 迫江 博昭; SAKOE Hirbaki
6.
2次元パターンのワープ法に関する研究 by 迫江 博昭; SAKOE Hiroaki
11.
情報量概念を基盤とした学習理論の展開 by 竹内 純一; TAKEUCHI Junichi