肝ミクロゾーム・ミトコンドリア・網内系機能の総合評価

閲覧数: 10
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

肝ミクロゾーム・ミトコンドリア・網内系機能の総合評価

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
The total evaluation of the functions of microsome, mitochondria, and reticuloendothelial systems in the liver
責任表示:
千々岩 一男(九州大学・大学院・医学系研究科・助教授)
CHIJIIWA Kazuo(九州大学・大学院・医学系研究科・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1999
概要(最新報告):
1.閉塞性黄疸の術前減黄法の違いによる肝切除後の残肝機能 【はじめに】閉塞性黄疸患者において術前減黄術の意義は議論の的である。閉塞性黄疸ラットにおいて術前外瘻術と内瘻術の肝切除後肝再生と肝障害に与える影響を調べた。【方法】7日間胆管を結紮した雄性Wistar系ラットを3群:閉塞性黄疸と肝切除群(OJ-Hx)、外瘻術と肝切除群(ED-Hx)、内瘻術と肝切除群(ID-Hx)に分け、肝再生、エネルギー状態、肝障害を調べた。【結果】相対肝重量と肝DNA合成率はID-Hx群が他2群より高値だった。肝マロンジアルデヒド濃度と血清ヒアルロン酸濃度はID-Hx群が最も低値だった。門脈エンドトキシン濃度は減黄術2群で低下した。肝ATP濃度とエネルギーチャージは3群とも差がなかった。【結語】外瘻術・内瘻術ともに肝機能を改善するが、内瘻術が外瘻術よりも肝切除後の肝再生と肝障害において優れている。 2.ガドリニウムによるKupffer細胞機能制御が虚血再灌流下肝切除に与える影響 【はじめに】ガドリニウム(Gd)は肝虚血再灌流障害と肝再生に関与するKupffer細胞機能を特異的に抑制する。ラットでの虚血再灌流下肝切除後の肝再生におけるGdの効果を調べた。【方法】Gd前投与(Gd群)あるいは生食前投与(コントロール群)したラットに、1回目の15分間の肝門部全肝虚血と15分間の再灌流の後、70%肝切除を2回目の15分間の虚血の最後に行った。術後の肝再生、エネルギー状態、肝障害を調べた。【結果】24時間生存率は有意にGd群(67%)がコントロール群(100%)より不良だった。術後1日目、残肝体重比とDNA合成率はGd群がコントロール群より有意に低かった。術後1日目、血清総ビリルビン値とエンドトキシン値はGd群が有意に高かった。肝切除直後の肝ATPレベルはGd群がコントロール群より有意に低かった。【結語】虚血再灌流下では、Gd前投与は肝切除後の肝再生を抑制し、エネルギー状態を悪化し、術後生存率を不良にした。 続きを見る
本文を見る

類似資料: