鶏始原生殖細胞による性決定メカニズムの解明

閲覧数: 23
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

鶏始原生殖細胞による性決定メカニズムの解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
藤原 昇(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1997-1998
概要(最新報告):
鶏の始原生殖細胞(Primordial Germ Cells:PGCs)は他のほ乳類のものとは顕著に異なっており、胚発生のある時期に胚の周縁静脈を循環するという現象が観察される。そこで、この血管を移動中のPGCsを利用した生殖腺発生のメカニズムを解明するのが今回の研究課題である。そこで、これまでに得られた成果の概略をまとめると以下のようになる。 (1) PGCsの体外培養について、検討したところ、共培養細胞として生殖隆起(Germinal Ridge)の組織を用いるとともに各種の細胞成長因子を培地に添加するとある程度、この細胞が体外で生存することが確認された。 (2) ついで、このようなシステムによってPGCsを体外培養していたところ、条件によっては、生殖隆起起源の共培養細胞が集合して細胞塊(Clump)を形成し、さらにPGCsがアメーバ状運動によってこの細胞塊内に取り込まれるようなかたちで組織を形成することが確認された。これは、まさに新しい発見であり、これが事実ならば、体外で生殖腺(Gonads)が形成されるという可能性も出てきた。今後慎重に検討していきたいと考えている。 (3) ついで、循環血液中のPGCsを採取して、異性胚間移植を行ったところ、キメラ生殖腺の発生が観察された。すなわち、Ovotestis様組織が形成され、この組織がかなりの段階まで発生することが確認された。しかし、この組織も発生が進むにつれて、雌雄どちらかの生殖腺になる様相を呈してくるようになり、しかも、体細胞の性と完全に反対の生殖腺が形成されるという現象が生じた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
哺乳類の始原生殖細胞研究の最前線 by 林, 克彦; Hayashi, Katsuhiko
4.
哺乳類の始原生殖細胞研究の最前線 by 林, 克彦; Hayashi, Katsuhiko