クロレラの耐凍性発現遺伝子の導入による耐凍性パン酵母の作出

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

クロレラの耐凍性発現遺伝子の導入による耐凍性パン酵母の作出

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Enbancement of freezing tolerance of baker, s yeast by introduction of haedening-inducible genes from Chlorella
責任表示:
本城 賢一(九州大学・農学部・助手)
HONJOH Ken-ichi(九州大学・農学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
クロレラの耐凍性獲得時に誘導され,LEA(Late Embryogenesis Abundant)蛋白質をコードするhiC6遺伝子を(pYES2;gal1プロモーター)にサブクローニングし,実験酵母(Saccharomyces cerevisiae INVSc)に導入し,LEA蛋白質発現酵母の生残率は非発現酵母と比べ,約3.3倍(20%から66%)に高められたことについて8年度報告した.9年度は耐凍性の更なる強化を目的にして,耐凍性獲得に関与していると考えられるクロレラのG6PDH遺伝子と膜の脂肪酸の不飽和化酵素遺伝子の単離を試みた.他の生物のG6PDH遺伝子およびω-3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子の配列を基にそれらの保存領域の部分に相当するオリゴヌクレオチドプライマーを合成した.PCR法によりそれぞれの遺伝子の保存領域の増幅のため,耐凍性獲得時のクロレラからmRNAを調製し,cDNAを作成した.そのcDNAを鋳型とし、それぞれの遺伝子をPCRで増幅した.それぞれの遺伝子断片の大きさは270bp.(g6pdh),900.bp(ω-3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子)であり,塩基配列決定用のベクターにサブクローニングし,塩基配列決定を行った.得られた断片は相同性検索の結果,目的の遺伝子の一部であることが明らかになった.今後,それぞれの断片を用い,cDNAライブラリーから目的の遺伝子の単離を試み,さらに酵母への導入を図る. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
Yeast
11
Yeast technology by Reed, Gerald; Peppler, Henry J.
12
FEMS yeast research by Federation of European Microbiological Societies
10.
Yeast
11.
Yeast technology by Reed, Gerald; Peppler, Henry J.
12.
FEMS yeast research by Federation of European Microbiological Societies