コレステロール吸収に関与する輸送タンパク質に関する研究

閲覧数: 15
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コレステロール吸収に関与する輸送タンパク質に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Effect of pancreatic cholesterol esterase on cholesterol absorption
責任表示:
池田 郁男(九州大学・農学部・助教授)
IKEDA Ikuo(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
膵臓由来のコレステロールエステラーゼは食事中のコレステロールエステルをコレステロールと脂肪酸に加水分解する酵素である。コレステロールエステラーゼはこの加水分解作用以外にコレステロール吸収に必須の役割を持つとする報告があるが、否定するものもあり一致しない。そこで、コレステロールエステラーゼのコレステロール吸収に及ぼす影響について検討した。ラット膵液および牛膵臓コレステロールエステラーゼはミセルコレステロールのラット小腸微絨毛膜への取り込みを濃度依存的に促進した。作用機構を検討したところ、コレステロールエステラーゼは微絨毛膜の結合して作用しているのではなく、ミセルとコレステロールの親和性を減少させることで、ミセルからのコレステロールモノマーの放出を促進し、そのため吸収が亢進すると考えられた。コレステロールエステラーゼは、また、大腸がん由来細胞株であるCaco-2細胞へのミセルコレステロールの取り込みおよび分泌を促進した。コレステロールエステラーゼ添加により細胞内および分泌液中のコレステロールのエステル化率が上昇したことから、コレステロールエステラーゼは細胞内に入り、コレステロールのエステル化を亢進し、このためカイロミクロンの分泌を促進していると考えられた。こられのことから、コレステロールエステラーゼはコレステロール吸収促進的に作用しているが、あくまでも補助的な作用であり不可欠なものとは考えられなかった。コレステロールエステラーゼが実際に生体内でコレステロール吸収を亢進しているかどうかはさらに検討する必要がある。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
コレステロール by 原, 一郎; 内藤, 周幸
11
コレステロール by 今泉, 勝己; 菅野, 道廣
12
コレステロール by Pacheco, Henri; 奥田, 潤; 奥田, 陸子
10.
コレステロール by 原, 一郎; 内藤, 周幸
11.
コレステロール by 今泉, 勝己; 菅野, 道廣
12.
コレステロール by Pacheco, Henri; 奥田, 潤; 奥田, 陸子