省力化施工をめざした新しい合成構造高橋脚の開発に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

省力化施工をめざした新しい合成構造高橋脚の開発に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
STUDY ON DEVELOPMENT OF NEW COMPOSITE HIGH PIER COLUMNS AMING AT REDUCTION OF TIME AND LABORS FOR ON-SITE CONSTRUCTION
責任表示:
太田 俊昭(九州大学・大学院・工学研究科・教授)
OHTA Toshiaki(九州大学・大学院・工学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1998
概要(最新報告):
現場施工の簡略化が可能となり、耐震性に優れた新しい合成構造高橋脚の開発を目的として本研究は進められた。科学研究費の交付を受けた期間(平成8年度〜10年度)内においては、試設計を含む動的・静的解析(動的応答解析等)および模型供試体の載荷実験を行ない、耐震設計上の知見を得、提案した高橋脚構造の設計に資する知見を取りまとめた。本研究により得られた成果を以下にまとめる。 (1) 動的応答解析を含む、各種の動的・静的解析の結果より、コンクリート充填鋼管柱(以下、CFT柱)を用いた多柱式合成橋脚が、本研究の目的とする施工性、耐震性の両面において優れた構造形式であることがわかった。 (2) 上記のCFT柱を用いた多柱式合成橋脚は、各主柱材間を連結する補剛支材の配置を適切に行なうことによって、優れた耐荷性能を発揮するだけでなく、靱性などの変形性能に関しても極めて良好となる設計が可能である。 (3) また、(2)の主柱材と補剛支材との連結部の設計に際しては従来の設計指針の適用により充分安全側の設計が可能である。 (4) 鋼管による拘束効果を考慮し、CFT柱の曲げ変形特性を正確に評価できる、コンクリートおよび鋼材の応力-ひずみ関係モデルを提案した。これにより、本橋脚構造で主柱材として用いるCFT柱の軸力状態を考慮した曲げ変形特性を正確に算定することが可能となった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
Static Loading Performance of Tubular Joint in Multi-Column Composite Bridge Piers by Lee, JungHowan; Hino, Shinichi; 日野, 伸一; Ota, Toshiaki; 太田, 俊昭; Seo, SungTag
11
段差を有する外ダイアフラム形式コンクリート充填角形鋼管柱梁接合部パネルに関する実験的研究 by 牟, 犇; Mou, Ben; 松尾, 真太朗; Matsuo, Shintaro; 池田, 竜輔; Ikeda, Ryusuke; 河野, 昭彦; Kawano, Akihiko
5.
Static Loading Performance of Tubular Joint in Multi-Column Composite Bridge Piers by Lee, JungHowan; Hino, Shinichi; 日野, 伸一; Ota, Toshiaki; 太田, 俊昭; Seo, SungTag
11.
段差を有する外ダイアフラム形式コンクリート充填角形鋼管柱梁接合部パネルに関する実験的研究 by 牟, 犇; Mou, Ben; 松尾, 真太朗; Matsuo, Shintaro; 池田, 竜輔; Ikeda, Ryusuke; 河野, 昭彦; Kawano, Akihiko