昆虫の交尾に伴う生理・行動の変化の生理学的解析-行動異常カイコガを用いて

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

昆虫の交尾に伴う生理・行動の変化の生理学的解析-行動異常カイコガを用いて

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Physiological studies on the physiological and behavioral changes after mating in the moth, Bombyx mori
責任表示:
市川 敏夫(九州大学・理学部・助教授)
ICHIKAWA Toshio(九州大学・理学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
カイコガのフェロモン合成を抑制する交尾のシグナルは2種あることが確かめられた。すなわち、雄との交接による機械的刺激と精液中の精子または精巣山来物質による(化学的)刺激である。機械的刺激(射精能力の無い雄との交尾)のみでも交尾中はフェロモン合成は抑制されるが、割愛後フェロモン合成は再開される(一時的抑制)。雌の交尾嚢から精液を取り出し人工的に未交尾雌の交尾嚢に注入する方法(人工受精)による化学的刺激のみでは抑制されないが、未交尾雌に予め上記の機械的刺激を加え、人工受精を行うと長期的抑制が起こった。これらのことから、機械的刺激によるPBAN分泌細胞の一時的抑制を化学的刺激によるシグナルが持続的な抑制にするという2段階の抑制機構が示唆された。 PBAN分泌細胞の活動の停止が正常雄との交尾によっても起きないことがしばしばあったので、その原因を探るため交尾中あるいは交尾後、拘束状態においた個体のフェロモン量をHPLCで測定したところ、正常雄との交尾後、自由に放置した雌では、その後のフェロモン合成の再開はほとんどなかったが、拘束状態(縛る、吊す)に置かれた雌では50%以上の個体でフェロモン合成が再開されることが確かめられた。同様な交尾後のフェロモン合成の再開は交尾後に15分間、2酸化炭素で麻酔することやエーテルで1-2分間麻酔することでも見られた。このような処理を施すことによって、脳内の生体アミン量などが変わり、長期的な抑制を解除すると予想される。 産卵行動異常系統(XU 20)は未交尾でも産卵を行うが、フェロモン濃度の低かったことおよび食道下神経節のPBAN活性は正常系統と変わらなかったことから、この系統ではPBAN分泌細胞の停止が起きていると示唆される。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
多種武覚入力による運動パターン制御の中枢機構 by 立田 栄光; 市川 敏夫; ICHIKAWA Toshio
12
カイコ非膠着卵変異体の粘液腺の発育に伴うタンパク質と核酸の変動 by 藤井, 博; 河口, 豊; Fujii, Hiroshi; Kawaguchi, Yutaka
8.
多種武覚入力による運動パターン制御の中枢機構 by 立田 栄光; 市川 敏夫; ICHIKAWA Toshio
12.
カイコ非膠着卵変異体の粘液腺の発育に伴うタンパク質と核酸の変動 by 藤井, 博; 河口, 豊; Fujii, Hiroshi; Kawaguchi, Yutaka