半導性バナジン酸塩ガラスの構造緩和と電気伝導度の相関

閲覧数: 20
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

半導性バナジン酸塩ガラスの構造緩和と電気伝導度の相関

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A CORRELATION BETWEEN THE STRUCTURAL RELAXATION AND THE ELECTRICAL CONDUCTIVITY OF SEMICONDUCTING VANADATE GLASSES
責任表示:
西田 哲明(九州大学・理学部・助手)
NISHIDA Tetsuaki(九州大学・理学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
ガラスを熱処理するとガラスマトリックス中にナノメートルサイズの結晶微粒子が析出し,結晶化ガラス(ガラスセラミックス)となる.このとき電気伝導度や磁性,光透過性などが顕著に変化する.その際の構造変化のメカニズムを解明し,さらに構造と機能性の相関を明らかにする目的で幾つかのニューガラスのメスバウアー,赤外吸収,磁化率,X線回折およびDTAを行い,以下の結論を得た。 1.半導性バナジン酸塩ガラス(25K_2O・65V_2O_5・10Fe_2O_3)を結晶化温度(Tc)付近で10〜30分間熱処理すると,構造緩和により電気伝導度が10^<-8>S・cm^<-1>のオーダーから10^<-4>S・cm^<-1>のオーダーまで上昇する.熱処理時間が長くなると絶縁体の結晶相が析出するため,電気伝導度は次第に低下する. 2.アルミン酸塩ガラス(60CaO・27Al_2O_3・13Fe_2O_3および60CaO・10BaO・17Al_2O_3・13Fe_2O_3)を熱処理すると反強磁性のフェライト微粒子(Ca_2Fe_2O_5)が析出するため,赤外透過率と磁化率が減少する. 3.これらのニューガラスの結晶化に要する活性化エネルギーは骨格を構築するユニットの結合エネルギーに等しく,Ca-OやAl-O結合の切断により結晶化が始まると考えられる.またFeO_4が骨格を構築する場合はFe-O結合が優先的に切断され,鉄を含まないガラスよりも活性化エネルギーが小さくなる. 4.ガラス転移温度(Tg)がガラス骨格のひずみの大きさに比例すると,"Tg-Δ則"(1990年に西田が発見)を検証するため種々のケイ酸塩ガラスをTg付近で適度に熱処理してDTAとメスバウアースペクトルを測定すると,構造緩和により骨格を構築するSiO_4およびFeO_4四面体のひずみが小さくなり,予想どおりTgが低下する. これまで"Tg-Δ則"の成立が確認されている無機ガラス中の鉄濃度はせいぜい数モル%程度であったが,高濃度(〜30mol%)の酸化鉄を有する「フェライトガラス」でも"Tg-Δ則"が成立する. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
高温純有機強磁性体の開拓 by 日高 雅子; HITAKA Masako
3
磁化力対流 by 尾添 紘之; OZOE Hiroyuki
5
TDR法による多孔質体内水溶液の電気伝導度測定に関する基礎的研究 by 原口, 智和; 廣田 修; 中野, 芳輔; 舟越, 保; Haraguchi, Tomokazu; Hirota, osamu; Nakano, Yoshisuke; Funakoshi, Tamotsu
2.
高温純有機強磁性体の開拓 by 日高 雅子; HITAKA Masako
3.
磁化力対流 by 尾添 紘之; OZOE Hiroyuki
5.
TDR法による多孔質体内水溶液の電気伝導度測定に関する基礎的研究 by 原口, 智和; 廣田 修; 中野, 芳輔; 舟越, 保; Haraguchi, Tomokazu; Hirota, osamu; Nakano, Yoshisuke; Funakoshi, Tamotsu