曲率が上に有界なアレキサンドロフ空間の位相構造

閲覧数: 16
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

曲率が上に有界なアレキサンドロフ空間の位相構造

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
塩谷 隆(九州大学・大学院・数理学研究科・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
本研究では曲率の積分が一様に有界な曲面の極限空間の位相構造についての結果を得た。その様な空間は(位相的に)多様体にはならず、局所2連結でさえないが、それでも位相的構造を完全に解明した。正確には以下のように述べられる。球面を数珠繋ぎに(有限または無限個)繋げた空間をa string of pearlsと呼ぶ。位相空間Xが、その任意の点のある近傍がstring of pearlsを有限個接着したものに同相となるとき、Xをpearl spaceと呼ぶことにする。このとき、与えられた位相空間Xに対して、次の2つは同値になることを証明した。 1.Xにある距離構造が存在して、Xは全曲率が一様にな閉曲面の極限となる。 2.Xはpearl spaceである。 これを証明するためにToponogovタイプの比較定理を曲率の積分が小さい場合に成り立つことを証明し、それを使って全曲率が一様に有界な曲面の極限空間上の幾何学を確立した。上の結果はこれら全ての研究の最終的帰結として得られたものである。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
アレキサンドロフ空間の位相構造 by 鎌田 正良; 塩谷 隆
2
アレキサンドロフ空間上の解析学 by 塩谷 隆; SHIOYA Takashi
3
曲率が上に有界な空間の幾何について by 永野, 幸一; Nagano, Koichi
10
リーマン多様体の曲率と位相 by 塩濱 勝博; 塩浜 勝博
11
ラカンのトポロジー : 精神分析空間の位相構造 by Granon-Lafont, Jeanne; 中島, 伸子; 吉永, 良正
1.
アレキサンドロフ空間の位相構造 by 鎌田 正良; 塩谷 隆
2.
アレキサンドロフ空間上の解析学 by 塩谷 隆; SHIOYA Takashi
3.
曲率が上に有界な空間の幾何について by 永野, 幸一; Nagano, Koichi
8.
ある種の正曲率のRiemann多様体の位相構造について by 塚本, 陽太郎; Tsukamoto, Yotaro
10.
リーマン多様体の曲率と位相 by 塩濱 勝博; 塩浜 勝博
11.
ラカンのトポロジー : 精神分析空間の位相構造 by Granon-Lafont, Jeanne; 中島, 伸子; 吉永, 良正