産地試験設定を伴うミズナラのフェノロジーの地理的変異に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

産地試験設定を伴うミズナラのフェノロジーの地理的変異に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Geographical Variation in Phenological Characteristics of Quercus spp.And Establishment of provenance test sites.
責任表示:
今田 盛生(九州大学・農学部・教授)
IMADA Morio(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1998
概要(最新報告):
9大学11演習林において,平成8〜10年度の3年間,各演習林で選抜した母樹についてのフェノロジー観察を行った.また,各演習林で収集・配布されたミズナラ,コナラおよびクヌギの種子を用い、11全演習林において産地試験地造成を行った.さらに,産地試験地に育成した産地・母樹毎の実生苗について,フェノロジー観察を行った.具体的な内容は下記の通りである. 1. 母樹フェノロジーの観察:開葉,開花,着葉,着花,着果について,目視による測定と写真撮影による記録を行うとともに,樹冠下に設置しているリター・トラップに捕捉された落葉,落花,落果の数・量等を計測した.また,環境要因として気温測定も継続して行った. 2. 産地試験地の造成:北大(雨竜・和歌山),山形大,筑波大,東大(北海道・秩父),東京農工大,静岡大,京大(上賀茂),鳥取大,九大(福岡)の11演習林において,ミズナラ,コナラ,クヌギの種子を用い,産地試験地の造成を行った. 3. 産地試験地実生苗のフェノロジー観察:産地試験地に育成した苗木について,個体毎の発芽,着葉量等について計測し,さらに葉色の変化を葉緑素計(ミノルタSPAD-502)を用いて定量的に計測した.また,環境要因として気温測定も継続して行った. 以上の計測結果に基づき,母樹については計測地点間におけるフェノロジカルな特性を,また,産地試験については産地間におけるフェノロジカルな特性を比較,検討し,成果報告書として取りまとめを行った. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
ナラ類の生態遺伝学的研究 by 宮崎 安貞; MIYAZAKI Yasusada
7
北海道東部のミズナラ造林地における土壌の炭素および窒素の蓄積様式 : 連続した0~40年生林分を用いた解析 by 大津, 洋暁; Ohtsu, Hiroaki; Otsu, Hiroaki; 菱, 拓雄; Hishi, Takuo; 田代, 直明; Tashiro, Naoaki; 井上, …
2
ミズナラの生態遺伝学的研究 by 宮崎 安貞; MIYAZAKI Yasusada
8
Comparison of transpiration for Quercus serrata estimated based on the sap-flux method and measured based on the cutting-tree experiment by Chiu, Chen-Wei; Tateishi, Makiko; Komatsu, Hikaru; Otsuki, Kyoichi; 邱, 湞瑋; 立石, 麻紀子; 小松, 光; 大槻, 恭一
1.
ナラ類の生態遺伝学的研究 by 宮崎 安貞; MIYAZAKI Yasusada
2.
ミズナラの生態遺伝学的研究 by 宮崎 安貞; MIYAZAKI Yasusada
7.
北海道東部のミズナラ造林地における土壌の炭素および窒素の蓄積様式 : 連続した0~40年生林分を用いた解析 by 大津, 洋暁; Ohtsu, Hiroaki; Otsu, Hiroaki; 菱, 拓雄; Hishi, Takuo; 田代, 直明; Tashiro, Naoaki; 井上, …
8.
Comparison of transpiration for Quercus serrata estimated based on the sap-flux method and measured based on the cutting-tree experiment by Chiu, Chen-Wei; Tateishi, Makiko; Komatsu, Hikaru; Otsuki, Kyoichi; 邱, 湞瑋; 立石, 麻紀子; 小松, 光; 大槻, 恭一