核酸の新規発光誘導体化試薬の開発と化学発光画像検出

閲覧数: 14
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

核酸の新規発光誘導体化試薬の開発と化学発光画像検出

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of a chemiluminescent reagent that recognizes guanine in nucleic acid, and its use for chemiluminescence detection of DNA
責任表示:
甲斐 雅亮(九州大学・薬学部・助教授)
KAI Masaaki(九州大学・薬学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
本研究では、DNAやDNAプローブ分子内のグアニン部位を常温で,かつ特異性に化学発光体へ誘導できるアリールグリオキサール試薬の化学反応性について検討し,中でもフェニル核にメトキシル基を導入した3',4',5'-トリメトキシフェニルグリオキサール(TMPG)試薬が,核酸のグアニン部位を迅速(1分以内)に強い化学発光体へ変換し得る新しい化学発光誘導体化試薬であることを明らかにした。 次に,サザンブロット用ナイロン膜上の核酸をこの試薬により化学発光体に変え,生じる化学発光を暗箱中で冷却CCDカメラにより検出したところ,デオキシグアニル酸のポリマーを多く含むDNA断片ほど強く発光する研究成果も得た.このことは,グアニル酸を核酸合成機やPCR法で数多く重合させ,それを特定DNAプローブやプライマーに標織すれば,TMPG試薬によって増強した発光強度を得ることができ,ハイブリダイゼーションに於けるターゲットDNAに対する検出感度の向上が期待される. すなわち,本研究で開発しているグアニン塩基特異的化学発光性DNAプローブの画像検出法は,ポリヌクレオチド鎖上の重合グアニンを,迅速かつ穏和な反応条件により直接化学発光物質に転換し検出するものであり,検出感度はその重合度に依存するものと考えられる。この原理に基づく核酸の特異的高感度検出技法は国内及び国外において研究されていなく,本研究は初めての試みでもある.今後,開発した核酸の化学発光画像検出法を,社会的有用生の高い特定遺伝子(例えば,テロメア)のスクリーニング検査などに活用する予定である. 続きを見る
本文を見る

類似資料: