医療に対する患者の満足度-測定方法の標準化と影響要因の解明

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

医療に対する患者の満足度-測定方法の標準化と影響要因の解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Patient Satisfaction with Health Care-Its Measurement Methods and Determinants
責任表示:
今中 雄一(九州大学・大学院・医学系研究科・助教授)
IMANAKA Yuichi(九州大学・大学院・医学系研究科・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
【背景・目的】患者による医療の評価あるいは満足度の客観的評価を、医療・サービスの質の保障と向上に活用する重要性はますます高まっている。本研究は、患者満足度測定の方法論を開発し、その影響要因を解析することを目的とする。また、医療技術よりも思いやり・優しさを重視する患者群と、逆に思いやり・優しさよりも医療技術を重視する患者群とにおける医療満足度の関連要因の差異を比較・検討した。 【対象および方法】調査期間中に合同調査参加病院(国公立33病院、民間43病院の合計76病院[平均病床数:484±256床])の対象基準を満たす全退院患者に自記式質問票を配布し回答率60%、5,814名より回答が得られた。調査項目は入院医療について総合評価、各領域における評価(健康の改善、医師・看護婦など病院スタッフのケアやコミュニケーション、説明、医療提供のシステム、入院生活の快適さ・利便性、病院の評判)、医療への期待・要望および患者属性である。質問票は高い妥当性と信頼性を持つにいたっている。 【結果・考察】患者満足度は年齢が高い層ほど高くなる傾向を示し、男性患者では医師に対する評価や病院の評判、健康の改善等、医療の質に関連する要因が、女性患者では医療スタッフとの関係が満足度と有意に関連していた。「思いやり重視群」(n=479)「技術重視群」(n=1,698)においては、前者で医療の総合評価に関連する要因は患者への配慮や思いやりおよび療養環境を反映する項目が説明因子として特定された。「技術重視群」では、医師の技能への信頼、病院の評判、体のなおり具合など、医療の技能的側面、医療技術水準への信頼に関する項目が説明因子として特定された。期待・要望の差異により患者満足の影響因子が異なることが概念にとどまらず実証的に示され、医療・サービス改善の実践に際しても本知見は有意義と思われる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
運動に伴う改訂版ポジティブ感情尺度 (MCL-S.2) の信頼性と妥当性 by 橋本, 公雄; 村上, 雅彦; Hashimoto, Kimio; Murakami, Masahiko
9
多変量解析による海岸クロマツ林の林型区分 by 増谷, 利博; Masutani, Toshihiro
4
児童・生徒用社会的責任目標尺度の検討 by 須﨑, 康臣; 兄井, 彰; 杉山, 佳生; Susaki, Yasuo; Anii, Akira; Sugiyama, Yoshio
6
子どもの身体活動測定法としての主観的な身体活動時間報告の妥当性の検討 by 山添, 健陽; 橋本, 公雄; 鋤崎, 澄夫; 山﨑, 将幸; 藤原, 大樹; 阿南, 祐也; Yamazoe, Kenyo; …
12
ファジィ理論による舌癌頸部リンパ節転移発現に関する研究 by 長田 哲次; NAGATA Tetsuji; 大関 悟; OZEKI Satoru
3.
運動に伴う改訂版ポジティブ感情尺度 (MCL-S.2) の信頼性と妥当性 by 橋本, 公雄; 村上, 雅彦; Hashimoto, Kimio; Murakami, Masahiko
4.
児童・生徒用社会的責任目標尺度の検討 by 須﨑, 康臣; 兄井, 彰; 杉山, 佳生; Susaki, Yasuo; Anii, Akira; Sugiyama, Yoshio
6.
子どもの身体活動測定法としての主観的な身体活動時間報告の妥当性の検討 by 山添, 健陽; 橋本, 公雄; 鋤崎, 澄夫; 山﨑, 将幸; 藤原, 大樹; 阿南, 祐也; Yamazoe, Kenyo; …
9.
多変量解析による海岸クロマツ林の林型区分 by 増谷, 利博; Masutani, Toshihiro
10.
身体的老化の制御に関する統計的接近 by 吉川 和利; KIKKAWA K
12.
ファジィ理論による舌癌頸部リンパ節転移発現に関する研究 by 長田 哲次; NAGATA Tetsuji; 大関 悟; OZEKI Satoru