腎尿路性器癌の制癌剤耐性とその克服に関する研究

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

腎尿路性器癌の制癌剤耐性とその克服に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Drug resistance and its reversal in urogenital carcinoma
責任表示:
内藤 誠二(九州大学・医学部・教授)
NAITO Seiji(九州大学・医学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1998
概要(最新報告):
1. ヒト膀胱癌および精巣癌細胞株を用いてそれぞれcisplatin耐性株を樹立し、その耐性機序を検討した。その結果、耐性株ではcisplatinの細胞内蓄積の低下やT-plastinの発現亢進とともにglutathione S-transferaseπ、γ-glutamylcysteine synthetase、metallothioneinなどの遺伝子発現亢進による解毒機構の亢進もみられ、尿路性器癌のcisplatin耐性には複数の要因が複雑に関与していることが明らかになった。 2. 腫瘍細胞を高温処理(43℃)すると、toposiomerase IIα(topoIIα)の発現が上昇し、topoII阻害剤に感受性になることが報告されている。我々は、膀胱癌細胞株を用いて高温処理下におけるtopo IIαの発現上昇の機序について検討し、topo IIαプロモーター上の最も下流の逆向きCCAAT配列に結合する蛋白が重要であることを明らかにした。 3. 新たに合成したジヒドロピリジン系化合物、イミダゾチアゾール系化合物を中心に多剤耐性克服薬剤としての有用性をin vitroおよびin vivoにおいて検討し、副作用のないいくつかの有用な薬剤を見出した。これらの薬剤は獲得多剤耐性のみならず、腎癌の自然多剤耐性にも有効であり、臨床への応用が期待される。 4. ヒト精巣癌細胞株からcisplatin耐性株を樹立し、ヌードマウスのorthotopicな部位(精巣)に移植することによって、適切なリンパ節転移モデルを作成した。このcisplatin耐性精巣癌細胞株/ヌードマウスの実験系はヒト精巣癌cisplatin耐性転移巣の治療や転移機構解析のための有用なモデルになるものと思われる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
腎尿路性器癌の血管新生を標的とした診断治療の研究 by 徳田 倫章; 江藤 正俊; ETO Masatoshi
10
薬剤耐性のヒトゲノム解析の共同研究 by 桑野 信彦; KUWANO Michihiko
7.
腎尿路性器癌の血管新生を標的とした診断治療の研究 by 徳田 倫章; 江藤 正俊; ETO Masatoshi
10.
薬剤耐性のヒトゲノム解析の共同研究 by 桑野 信彦; KUWANO Michihiko