ハウス作物の水消費機構と最適灌漑スケジューリング

閲覧数: 19
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウス作物の水消費機構と最適灌漑スケジューリング

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Consumptive Use of Water and Optimal Irrigation Scheduling in Greenhouse Culture
責任表示:
中野 芳輔(九州大学・農学部・助教授)
NAKANO Yoshisuke(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1998
概要(最新報告):
日本におけるハウス園芸の普及はめざましく、現在約7万haに及んでいる。そのうち70%が野菜栽培に利用されており、花卉、観葉植物、果樹が主体の欧米と我が国の大きな違いと言えよう。こうした野菜供給基地的な著しい発展にもかかわらず、ハウス園芸における基本的な問題である、「水消費・水管理」についての研究は十分でなく、ハウス作物の灌漑計画を策定する際の難点となっている。 ハウス内では降雨が遮断されるので、点滴潅漑、ミスト潅漑、マイクロスプリンクラ潅漑などのいわゆるマイクロ潅漑法が採用されている。潅漑法が異なれば作物の蒸散、土壌の蒸発条件も異なり、結果として水消費量も異なってくる。 こうした潅水方法の違いのみでなく、ハウスの被覆材によるエネルギ透過・遮断・反射および換気による微気象の変化によりハウス作物の水消費機構も異なってくる。また潅漑以外の補給源として、下層からの毛管補給量、降水の横移動量などについても定量化する必要がある。さらに水の節水性の観点からは、作物収量、水利用効率を最大にするための「潅漑スケジューリング」の手法が必要となる。 本研究では、(1)ハウスにおけるこうした個々の物理特性、作物生理特性を実験・調査し、(2)ハウス内の環境予測モデル、土壌・作物・大気系の水移動モデル、作物の形態モデル、さらに温・湿度、降雨等の気象発生モデル等を作成し、これを(3)潅漑スケジューリングへ応用を行ったものである。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
節水型用水計画と潅漑スケジューリング by 黒田 正治; KURODA Masaharu
4
点滴灌漑における作物個体の蒸発散量 by 長, 智男; 中野, 芳輔; Cho, Tosio; Nakano, Yoshisuke
11
地中潅漑圃場における蒸発散量と土壌水分動態 by 大塚, 早余子; 弓削, こずえ; 中野, 芳輔; 舟越, 保; 原口, 智和; Ohtsuka, Sayoko; Yuge, Kozue; Nakano, …
6
新規干拓地における畑地利用と灌漑スケジューリング by 丸居, 篤; 原口, 智和; 坂元, 智彦; 弓削, こずえ; 中野, 芳輔; 舟越, 保; Marui, Atsushi; Haraguchi, …
4.
点滴灌漑における作物個体の蒸発散量 by 長, 智男; 中野, 芳輔; Cho, Tosio; Nakano, Yoshisuke
6.
新規干拓地における畑地利用と灌漑スケジューリング by 丸居, 篤; 原口, 智和; 坂元, 智彦; 弓削, こずえ; 中野, 芳輔; 舟越, 保; Marui, Atsushi; Haraguchi, …
7.
節水型用水計画と潅漑スケジューリング by 黒田 正治; KURODA Masaharu
11.
地中潅漑圃場における蒸発散量と土壌水分動態 by 大塚, 早余子; 弓削, こずえ; 中野, 芳輔; 舟越, 保; 原口, 智和; Ohtsuka, Sayoko; Yuge, Kozue; Nakano, …